2015年7月
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8

情報処理III

他のサイトへのリンク

学研賠の案内

担当 満田 成紀福安 直樹
参考書
B.W.カーニハン/D.M.リッチー 著,石田 晴久 訳:「プログラミング言語C(第2版)」,共立出版
H.M.ダイテル/P.J.ダイテル 著,小嶋 隆一 訳:「C言語プログラミング」,プレンティスホール出版
シラバス 情報処理III
ページの先頭へ

講義資料

04/08 Step 01: 情報処理IIの復習 Step01 課題
04/15 Step 02: 関数 Step02 課題
04/22 Step 03: 関数のインタフェース Step03 課題
05/13 Step 04: 関数によるモジュール化 Step04 課題
05/20 Step 05: ソフトウェアのテスト Step05 課題
05/27 Step 06: 構造体 Step06 課題
06/03 Step 07: 成績データの集計 Step07 課題
06/10 Step 08: ユーザとのインタラクション Step08 課題
06/17 Step 09: まとめ(1) Step09 課題
06/24 Step 10: 単語当てゲームの実装 Step10 課題
07/01 Step 11: 単語当てゲームの機能拡張(1) Step11 課題
07/08 Step 12: 単語当てゲームの機能拡張(2) Step12 課題
07/15 Step 13: アルゴリズムの実現にむけて Step13 課題
07/22 Step 14: ドキュメント Step14 課題
07/29 Step 15: まとめ(2) Step15 課題
08/05 試験(@A104)
ページの先頭へ

課題提出について

プログラミングは,自分で考え,手を動かすことが重要です. そこで,課題への挑戦とその解説の繰り返しにより理解を深めます. 課題提出においては,正解が提出されることよりも,努力した結果が提出されることを期待しています. 相談は自由ですが,他人の結果のみをコピーするのではなく,自分が理解できた内容や,理解できなかった部分,努力の過程を記すようにしてください.

ページの先頭へ

受講の諸注意

ページの先頭へ