[English]

ホーム > Miraikan Morphing Demo

声のモーフィング

このデモは,日本科学未来館特別企画展(2005.4.23〜8.15) で展示されたものです。

日本科学未来館 「恋愛物語展−どうして一人ではいられないの?」より

インターフェースデザイン:山口崇司

音声モーフィング処理:河原英紀 (和歌山大学/ATR)

デモを見るには以下のリンクをクリックして下さい

[デモ,スタート](Flashムービー)
(Flashのバージョン7では,うまく動きません。6あるいは8をお使い下さい。)

デモの内容について

このデモには,三つの言葉が用いられています。 「好き」「ごめん」「I love you.」です。 それぞれの言葉は,声優によって,「喜」「怒」「哀」の三種類の表現で 演じ分けられています。 声優の発声したオリジナルな音声は,デモの三角形の各頂点に配置されています。 この三角形の辺の上や中心を通る線分の上をクリックすると, クリックした位置に応じた配分で感情が混合されて合成された音声が聞こえます。 このような自然な声のモーフィングは,STRAIGHTによりはじめて可能になった技術です。