情報理論研究室 - Information Theory Laboratory -

情報理論研究室では,その名のとおり「情報理論」の研究に取り組んでいます.
中心的な研究テーマは「シャノン理論」や「多端子情報理論」です.

例えば,多数のセンサーが観測したデータを解析センターに送信する際,観測したデータの類似性などを上手に利用することで,通信するべきデータ量を削減して通信を効率化できます.
このような通信問題の限界や,その限界を達成する手法について研究しています.

なお,「シャノン理論」と「多端子情報理論」については,電子情報通信学会の基礎・境界ソサイエティが発行している雑誌 Fundamentals Review に優れた解説記事が掲載されています.
Fundamentals Review はweb上で公開されていて誰でも閲覧できるようになっているので紹介します.

通信路符号化を中心とした「シャノン理論」の解説記事:
植松友彦, “シャノン理論 −通信路符号化定理の今昔−,” Fundamentals Review, vol. 1, no. 1, pp. 8--18, 2007年7月
https://www.jstage.jst.go.jp/article/essfr/1/1/1_1_1_8/_pdf

情報源符号化を中心とした「多端子情報理論」の解説記事:
大濱靖匡, “多端子情報源符号化の研究と未解決問題,” Fundamentals Review, vol. 2, no. 2, pp. 40--52, 2008年10月
https://www.jstage.jst.go.jp/article/essfr/2/2/2_2_2_40/_pdf


本研究室の成果

2014年度修了生 植田誠 君による修士論文研究の成果です:

M. Ueda and S. Kuzuoka, ``The error exponent of zero-rate multiterminal hypothesis testing for sources with common information,'' IEICE Trans. Fundamentals, vol. E98-A, no. 12, pp. 2384--2392, Dec. 2015.

(上記論文の著作権は電子情報通信学会が保有しています.ただしIEICEの論文誌については,一定条件の下で,論文PDFファイルを著者個人のWebページに掲載することが認められています.詳細はこちらを参照して下さい)


和歌山大学 - システム工学部


Last Update: 1 Dec. 2015