和歌山大学 システム工学研究科 システム工学部 メディアデザイン デザイン情報学科

教育紹介(学外向け):
松延拓生(和歌山大学システム工学部)

このページについて

このページでは松延拓生の担当している授業(自主演習含む)の一部を紹介致します。

資格取得

認定人間工学専門家制度について

メディアデザインメジャーのカリキュラムを構成するデザイン科目群のうち,ヒューマンインタフェース系に関連する資格に認定人間工学専門家制度があります。大学で人間工学に関する専門教育を3年以上受けた学生は、関係単位を12単位以上取得すると卒業後受験資格が得られます。

当研究室の佐藤さん,平松さん(2017.6.30),大代君,山本君他4名(2017.4.7),高島さん(2014.1.14),久保さん(2015.8.5)が認定人間工学準専門家に合格しました.

クリエデザインプロジェクト

学生の自主的な活動支援としてクリエデザインプロジェクトの指導教員をしています。クリエデザインプロジェクトの中で自主演習の指導を行っています。以前の自主演習プロジェクトに相当するミッションなども継続して指導していますので興味のある方はぜひご参加ください。デッサンからUIプログラミング,作品制作などを指導しています。カリキュラムの隙間を埋めるような支援を心がけています.

自主演習

自主演習と自主演習プロジェクトの制度の詳細についてはクリエのWebページをご参照ください。和歌山大学にしかないユニークな教育の試みです。

コンペなど

コンペ応募の際の支援もクリエデザインプロジェクトの中で行っています.積極的にいろんなコンペに挑戦してください.

自主演習プロジェクト

自主演習の中から生まれたプロジェクトです.現在はクリエデザインプロジェクトのミッションという形でサポートしています.

2006自主演習プロジェクト

自主演習プロジェクトで何か面白いことをやってほしいという学生との雑談から生まれたプロジェクトです。

音声認識+自然言語処理

2005自主演習プロジェクト

自主演習で作品展示に関するテーマを行っています。

最初に自主演習との関係を説明しておきます。この展示会はデザイン情報学科学生が中心になって活動しているサークルBOXの展示会です。BOXでは毎年制作した作品を紹介するために展示会を数回開催しています。最近はBOX内でプロジェクト毎にテーマを設定し有志で制作・展示を実施しています。作品制作自体に関しては1・2年生時に別途自主演習で実施している人もいます。人に見せるということは作品の評価を知る上でも重要ですので、昨年から私が展示会について自主演習として認定しています。

fighten2005

格闘ゲームのデザイン。主にキャラクターデザインが対象だがパッケージデザインまで行われています。このページでは各展示会の代表者にその内容を紹介してもらっています。

GAKUSEIー和大生によるCGアート展示会ー

プロジェクトの最終目標であった学外での展示会がついに実現いたしました。まだ広報面では課題がありますが、今後の活動を期待したいと思います。