研 究 業 績

 


学位論文

Y. MurataUltrasonic Imaging and Velocimetry Using Array Transducer Made of Piezoelectric Copolymer Films, Ph. d Thesis, Yamagata Univ., (1996)


学術論文

Y. Murata, H. Toda, K. Futagami and K. SumikawaBasic Study on Estimation for Water-Cement Ratio of Fresh Concrete Using Ultrasonic Wave, Proc. of the 11th Asia-Pacific Conference on Nondestructive Testing (APCNDT 2003), (2004), accepted for publication, in printing.

 

村田頼信, 谷本晃久, 戸田裕己:波形整形法を用いた表面SH波法によるフレッチング疲労き裂の定量評価, 非破壊検査, 52, 11, pp.620-627, (2003).

 

Y. Murata, H. Toda, F. Nakatani, T. Umemoto and Y. GoResidual Stress Measurement with Acoustoelasticity Using a New-type Grazing SH-wave Transducer, Proc. of the International Conference on Advanced Technology in Experimental Mechanics 2003 (ATEM’03), CD-ROM publication, (2003).

 

Y. Murata, T. Ogata and H. TodaDevelopment of a Wide-band Ultrasonic Transducer with Low Frequency Characteristic Using Laminated Piezoelectric Copolymer Films, Proc. of the 6th Far East Conference on Non-Destructive Testing, pp.135-140, (2002)

 

H. Toda, Y. Murata and K. NakajimaNon-destructive Evaluation of the Integrity of Electrofusion Joint in PE Gas Pipes Using a Focused Ultrasonic Transducer, Proc. of the 6th Far East Conference on Non-Destructive Testing, pp. 517-522, (2002)

 

P. Sivanesan, J. Sirkis, Y. Murata, and S.G. BuckleyOptimal Wavelength Pair Selection and Accuracy Analysis of Dual Fiber Grating Sensors for Simultaneously Measuring Strain and Temperature, Optical Engineering, 41 (10), pp.2456-2463, (2002)

 

・戸田裕己, 北岡利道, 井上富美夫, 村田頼信, 吉田乙雄, 古旋暈治:超音波によるPEEF継手融着面の健全性評価, 非破壊検査, 50, 12, pp.789-797, (2001)

 

T. Kitaoka, H. Toda, Y. Murata and J. FurukawaDevelopment of Electrofusion Interface Ultrasonic Inspection Technique, Contributing to Construction of Highly Reliable PE Piping, Proc. of 2001 Int. Gas Research Conf., CD-ROM publication, (2001)

 

Y. Murata and H. TodaDetection of Fatigue Cracks in Wheel Set Axle Using Ultrasonic Grazing SH-waves Shortened by Deconvolution Method, Proc. of the Second Japan-US Symposium on Advances in NDT, pp.94-98, (1999)

 

H. Toda and Y. MurataAcoustoelasticity Measurement of Axial Stresses in Long Rail, Proc. of the Second Japan-US Symposium on Advances in NDT, pp.7-11, (1999)

 

Y. Murata, H. Toda, Y. Tamura and K. KoyamaNew Vector Velocimetry by Real Time Ultrasonic Imaging Using M-Sequence Encoding Array Transducer, 1998 IEEE Ultrasonics Symposium, pp.763-766, (1998)

 

Y. Murata, S. Kimura, S. Takei, K. Minagawa, J. Takimoto and K. KoyamaGeneration of an Enhanced Acoustic Streaming in a Bounded Space, J. Acoust. Soc. Am., pp.2536-2538, (1997)

 

H. Ohtaki, Y. Murata, K. Minagawa and K. KoyamaBasic Study of Particle Characterization with the Ultrasonic Finite Amplitude Method, Journal of Materials Science Letters, 15, pp.182-184, (1995)

 

K. Murai, S. Muto, Y. Murata, K. Minagawa J. Takimoto and K. KoyamaMixing of Phase-separated Polymeric Liquids by Ultrasonic Radiation, Rep. Prog. Polym. Phys. Jpn., pp.75-76, (1995)

 

村田頼信, 木村 智, 南川慶二, 滝本淳一, 小山清人:超音波照射による金型内高分子溶融体の流動, 成形加工, 7 (9), pp.563-567, (1995)

 

S. Muto, H. Otaki, Y. Murata, K. Minagawa and K. KoyamaAcoustic Nonlinearity in Polymer Film, Rep. Prog. Polym. Phys. Jpn., 37, pp.349-350, (1994)

 

H. Ohtaki, Y. Murata, K. Minagawa and K. KoyamaAcoustic Nonlinear Characteristics of Nylon Fiber, Rep. Prog. Polym. Phys. Jpn., 37, pp.347-348, (1994)

 

Y. Murata, S. Kimura, S. Takei, K. Minagawa and K. KoyamaBasic Study for Generation of Acoustic Streaming in Bounded Field, Rep. Prog. Polym. Phys. Jpn., 37, pp.51-54, (1994)

 

Y. Murata, K. Minagawa, Y. Tamura and K. KoyamaDesign of an Acoustical Imaging Operator Based on the Singular Value Decomposition Method, Jpn. J. Appl. Phys., 33, 1-5B, pp.3176-3180, (1994)

 

Y. Murata, Y. Tamura and K. Koyama2-ch M-sequence Encoding Array Transducer System for Acoustical imaging, Acoustical Imaging, 20, pp.379-386, (1993)

 

K. Koyama, Y. Murata, K. Tanaka and Y. TamuraAcoustical Imaging Using M-sequence Encoding Array Transducer, Jpn. J. Appl. Phys., S30-1, pp.152-155, (1991)

 


著  書

村田頼信, 他:非破壊検査工学叢書 非破壊検査の最前線 第2巻損傷・きずの計測と評価技術, 日本非破壊検査協会, P.273, 担当内容:第42 超音波信号処理, 担当頁:pp.20-29 (2002)

 

村田頼信, 他9名:第4章光メカトロニクス材料, 光メカトロニクス入門, 和歌山大学光メカトロニクス研究会編, 共立出版, P.137, 担当内容:第4 光メカトロニクス材料, 担当頁:pp.43-56 (1996)

 


特   許

戸田裕己, 村田頼信, 森貞重男, 井口博文:筒状体内面付着層の厚さ測定方法, 出願日: 2003.10.29, 出願番号: 特願2003-368959

 

・小熊規泰, 戸田裕己, 村田頼信超音波探触子および超音波伝播速度測定法および軸受内輪軌道面の検査方法, 出願日:2003.5.20, 出願番号:特願 2003-142284

 

・戸田裕己, 尚弘, 村田頼信応力異方性検出方法および応力診断方法, 出願日:2003.3.26, 出願番号:特願2003-086120

 

・戸田裕己, 尚弘, 村田頼信:表面SH波による音弾性応力測定法及び測定用センサ, 出願日:2002.7.2, 出願番号:特願2002-229288

 

・養祖次郎, 坂本博, 牧野一成, 戸田裕己, 村田頼信:超音波探傷方法及び超音波探傷装置, 出願日:2002.2, 出願番号:特願2002-053116, 公開日:2003.9, 公開番号:特開2003-254944

 

・戸田裕己, 村田頼信, 養祖次郎, 山本裕次:超音波計測方法、超音波探傷方法及び超音波計測装置, 出願日:1999.11, 出願番号:特願平11-334523, 公開日:2001.6, 公開番号:特開2001-153848


寄   稿

村田頼信:超音波計測における信号処理, 和歌山大学システム情報学センター広報, vol.4, pp.61-68, (2000)


学会発表 *は発表者

【国際会議】

*Y. Murata, H. Toda, K. Futagami and K. SumikawaBasic Study on Estimation for Water-Cement Ratio of Fresh Concrete Using Ultrasonic Wave, Proc. of the 11th Asia-Pacific Conference on Nondestructive Testing (APCNDT 2003), Jeju, KOREA, (2003.11), accepted for publication, in printing.

 

*T. Umemoto, H. Toda, Y. Murata and Y. GoResidual Stress Measurement of Rolled Steel Plate by Acoustoelasticity, Proc. of the 11th Asia-Pacific Conference on Nondestructive Testing (APCNDT 2003), Jeju, KOREA, (2003.11).

 

*Y. Murata, H. Toda, F. Nakatani, T. Umemoto and Y. GoResidual Stress Measurement with Acoustoelasticity Using an New-type Grazing SH-wave Transducer, Proc. of the International Conference on Advanced Technology in Experimental Mechanics 2003 (ATEM’03), CD-ROM publication, Nagoya, JAPAN, (2003.9).

 

*Y. Murata, T. Ogata and H. TodaDevelopment of a Wide-band Ultrasonic Transducer with Low Frequency Characteristic Using Laminated Piezoelectric Copolymer Films, Proc. of the 6th Far East Conference on Non-Destructive Testing (FENDT 2002), Tokyo, JAPAN, pp.135-140 (2002.10)

 

H. Toda, *Y. Murata and K. NakajimaNon-destructive Evaluation of the Integrity of Electrofusion Joint in PE Gas Pipes Using a Focused Ultrasonic Transducer, Proc. of the 6th Far East Conference on Non-Destructive Testing (FENDT 2002), Tokyo, JAPAN, pp.517-522 (2002.10)

 

*T. Kitaoka, H. Toda, Y. Murata and J. FurukawaDevelopment of Electrofusion Interface Ultrasonic Inspection Technique, Contributing to Construction of Highly Reliable PE Piping, 2001 Int. Gas Research Conf., CD-ROM publication, Illinois, USA, (2001.11)

 

H. Toda, J. Murai and T. Shiraiwa, ( *Y. Murata ) Theoretical Evaluation of Methods for Measuring Focus Size of High Frequency Spherical Ultrasonic Transducer, Proc. of the Second Japan-US Symposium on Advances in NDT, Hawaii, USA, pp.120-124, (1999.6)

 

*Y. Murata, H. Toda, T. Kizuka, J. YoshoDetection of Fatigue Cracks in Wheel Set Axle of Train Using Ultrasonic Grazing SH Waves Shortened by Deconvolution Method, Proc. of the Second Japan-US Symposium on Advances in NDT, Hawaii, USA, pp.94-98, (1999.6)

 

H. Toda and *Y. MurataAcoustoelasticity Measurement of Axial Stresses in Long Rail, Proc. of the Second Japan-US Symposium on Advances in NDT, Hawaii, USA, pp.7-11,  (1999.6)

 

*Y. Murata, H. Toda, Y. Tamura and K. KoyamaNew Vector Velocimetry by Real Time Ultrasonic Imaging Using M-Sequence Encoding Array Transducer, 1998 IEEE Ultrasonics Symposium, Sendai, JAPAN, pp.763-766, (1998.10)

 

*N. Kawakami, Y. Tamura, Y. Murata, Y. Masubuchi, J. Takimoto and K. KoyamaDevelopment of Ultrasonic Transducer Using Piezoelectric Copolymer Film for Ultrasonic Imaging, 6th SPSJ International Polymer Congerence, Kusatsu, JAPAN, p.294,  (1997.10)

 

*Y. Murata, K. Koyama, K. Minagawa and Y. TamuraHigh Speed Acoustical Imaging with 2ch M-sequence Encoding Array Transducer, 21st International Symposium on Acoustical Imaging, California, USA, (1994.3)

 

K. Koyama, *Y. Murata, K. Tanaka and Y. TamuraA Study of Acoustical Imaging Using M-sequence Encoding Array Transducer System, 20th International Symposium on Acoustical Imaging, Nanjing, CHINA, (1992.9)

 

 

【国内会議,研究会,その他】

§平成15 (2003) 年度

*竹友 , 村田頼信, 戸田裕己:シミュレーションを用いた高性能高分子圧電探触子の開発と評価, 10回超音波による非破壊評価シンポジウム, 東京, pp. 103-104, (2004.1)

 

*池田昌隆, 戸田裕己, 村田頼信, 仁井嘉之, 養祖次郎:新幹線中ぐり車軸探傷用傾斜集束探触子の開発と性能評価, 10回超音波による非破壊評価シンポジウム, 東京, pp. 105-106, (2004.1)

 

*戸田裕己, 梅本剛幸, 関山光晴, 村田頼信表面SH波音弾性による圧延鋼板の残留応力測定, 平成15年度構造物の非破壊検査に関するシンポジウム, 大阪, pp.16-19, (2003.11)

 

*渡辺 圭, 戸田裕己, 村田頼信, 辻本公大,井口博文:化学プラント配管内壁付着層の厚み測定に対する板波法の適用, 平成15年度構造物の非破壊検査に関するシンポジウム, 大阪, pp.20-21, (2003.11)

 

*渡辺 圭, 戸田裕己, 村田頼信, 井口博文: 板波法によるパイプ内壁付着層の厚み測定, 日本非破壊検査協会, 平成15年度秋季講演大会, 東京, pp.23-24, (2003.11)

 

*貴治雅博, 村田頼信, 戸田裕己, 小熊規泰: 軸受の転動疲労評価のための高分子集束超音波トランスデューサの開発, 日本非破壊検査協会, 平成15年度秋季講演大会, 東京, pp.171-172, (2003.11)

 

*戸田裕己, 梅本剛幸, 村田頼信表面SH波音弾性による圧延鋼板の残留応力測定, 47回日本学術会議材料研究連合講演会, 京都, (2003.10)

 

*村田頼信:超音波で構造物の内部を“みる3, WAKASA研究交流会, 和歌山, (2003.9)

 

*渋田実, 藤垣元治, 村田頼信, 三輪昌史, 森本吉春:視覚障害者のための超音波および光計測による障害物検知手法の提案, 精密工学会 第8回知能メカトロニクスワークショップ, 京都, pp.137-140, (2003.8)

 

*貴治雅博, 村田頼信, 戸田裕己, 小熊規泰:分割型集束超音波トランスデューサによる軸受の転動疲労評価, 日本非破壊検査協会, 平成15年度非破壊検査に関する研究発表会, 大阪, pp.22-23, (2003.7)

 

*村田頼信, 戸田裕己, 二神健吾, 住川健太:超音波スペクトスコピーによるフレッシュコンクリートの水セメント比推定, 平成15年度非破壊検査に関する研究発表会, 大阪, pp.21-22, (2003.7)

 

*村田頼信, 戸田裕己, 二神健吾, 住川健太:超音波を用いたフレッシュコンクリートの水セメント比測定に対する基礎的検討, 日本非破壊検査協会, 平成15年度春季大会講演概要集, 東京, pp.141-142, (2003.7)

 

*貴治雅博, 村田頼信, 戸田裕己, 小熊規泰:超音波による軸受の転動疲労の評価, 日本非破壊検査協会, 平成15年度春季大会講演概要集, 東京, pp.119-120, (2003.5)

 

*梅本剛幸, 戸田裕己, 村田頼信, 尚弘:音弾性による圧延鋼板材の残留応力測定, 日本非破壊検査協会, 平成15年度春季大会講演概要集, 東京, pp.117-118, (2003.5)

 

*池田昌隆, 戸田裕己, 村田頼信, 養祖次郎:超音波による新幹線車両用中ぐり車軸の非破壊評価, 日本非破壊検査協会, 平成15年度春季大会講演概要集, 東京, pp.7-8, (2003.5)

 

*竹友 , 村田頼信, 戸田裕己:積層高分子圧電探触子の高性能化 −探触子を構成する材料と探触子性能との相関−, 日本非破壊検査協会, 平成15年度春季大会講演概要集, 東京, pp.5-6, (2003.5)

 

§平成14 (2002) 年度

*梅本剛幸, 戸田裕己, 村田頼信, 中谷文哉, 田中 隆:音弾性応力測定用TSH波センサの開発, 10回超音波による非破壊評価シンポジウム, 東京, pp.11-14, (2003.1)

 

*清水 亮, 戸田裕己, 村田頼信, 小川和人:超音波によるCFRPの密度測定に対する基礎検討, 平成14年度構造物の非破壊検査に関するシンポジウム, 大阪, pp.4-7, (2002.11)

 

*中谷文哉, 戸田裕己, 村田頼信, 梅本剛幸:表面SH波音弾性による高精度応力測定のための新形探触子の開発, 平成14年度構造物の非破壊検査に関するシンポジウム, 大阪, pp.8-11, (2002.11)

 

*渋田 実, 藤垣元治, 村田頼信, 三輪昌史, 森本吉春:触覚を用いた障害物の位置情報伝達手法の提案春, 日本機械工学会 第2回福祉工学シンポジウム, 名古屋, pp.307-309, (2002.11)

 

*村田頼信, 尾形俊明, 戸田裕己:積層高分子超音波トランスデューサによるPE製ガス管EF継手部の非破壊評価, M&Mレイクサイドサマーシンポジウム, 大津, pp.93-96, (2002.8)

 

*中谷文哉, 戸田裕己, 村田頼信, 梅本剛幸:表面SH波音弾性による高精度応力測定, 日本実験力学会2002年度年次講演会, 和歌山, pp.248-249, (2002.8)

 

*住川健太, 戸田裕己, 村田頼信, 二神健悟:超音波によるフレッシュコンクリートの水セメント比の推定, 日本実験力学会2002年度年次講演会, 和歌山, pp.92-93, (2002.8)

 

*池田昌隆, 戸田裕己, 村田頼信, 養祖次郎:集束超音波トランスデューサによる中ぐり車軸非破壊評価, 平成14年度非破壊検査に関する研究発表会, 大阪, pp.60-63, (2002.7)

 

*住川健太, 竹友 均, 戸田裕己, 村田頼信:超音波によるフレッシュコンクリートの水セメント比の推定, 平成14年度非破壊検査に関する研究発表会, 大阪, pp.58-59, (2002.7)

 

*村田頼信, 中嶋和成, 戸田裕己:PEガス管EF継手融着部における高感度欠陥検出, 日本非破壊検査協会 平成14年度春季大会講演概要集, 東京, pp.41-44, (2002.5)

 

§平成13 (2001) 年度

*蜂谷昌彦, 戸田裕己, 村田頼信, 養祖次郎:中ぐり車軸用探触子の特性, 日本非破壊検査協会 第9回超音波による非破壊評価シンポジウム講演論文集, pp.75-76, (2002.1)

 

*中嶋和成, 戸田裕己, 村田頼信:ポリエチレンガス管融着部の健全性評価, 日本非破壊検査協会 第9回超音波による非破壊評価シンポジウム講演論文集, (2002.1)

 

*中嶋和成, 戸田裕己, 村田頼信, 北岡利道:ポリエチレンガス管融着部の健全性評価, 平成13年度構造物の非破壊検査に関する講演会, 電子科学研究所, 大阪, pp.6-7, (2001.11)

 

*谷本晃久, 蜂谷昌彦, 戸田裕己, 村田頼信, 養祖次郎, 石塚弘道:波形整形法を用いた鉄道車軸のき裂評価 −き裂高さと傾き角−, 平成13年度構造物の非破壊検査に関するシンポジウム, 電子科学研究所, 大阪, pp.8-9, (2001.11)

 

*尾形俊明, 高野宮昌典, 村田頼信, 戸田裕己:高分子圧電フィルムの積層化による広帯域超音波探触子の作製, 平成13年度構造物の非破壊検査に関するシンポジウム, 電子科学研究所, 大阪, pp.4-5, (2001.11)

 

*谷本晃久, 戸田裕己, 村田頼信:波形整形法を用いた鉄道車軸のき裂評価 −き裂高さと傾き角の評価−, 日本非破壊検査協会 平成13年度秋季大会講演会, 福岡, pp.47-48, (2001.10)

 

*尾形俊明, 高野宮昌典, 村田頼信, 戸田裕己:高分子圧電フィルムの積層化による広帯域超音波探触子の作製, 日本非破壊検査協会 平成13年度秋季大会講演会, 福岡, pp.51-52, (2001.10)

 

*高野宮昌典, 尾形俊明, 村田 頼信, 戸田裕己:高分子収束超音波探触子の製作と評価, 平成13年度非破壊検査に関する研究発表会, 大阪, pp.6-7, (2001.7)

 

*高野宮昌典, 尾形俊明, 村田 頼信, 戸田裕己:ガス管探傷用の高分子収束超音波探触子の製作, 日本非破壊検査協会 平成13年度春季大会講演概要集, 東京, pp.5-6, (2001.5)

 

§平成12 (2000) 年度

*村田頼信高分子圧電素子の超音波計測への応用, らいぽ研究交流会 メカトロ計測評価部会 第6回研究交流会, 和歌山, (2001. 1)

 

*北岡利道, 吉田乙雄, 戸田裕己, 村田 頼信:超音波によるPEEF継手融着部検査技術の開発, () 電子科学研究所 平成13年度構造物の非破壊検査に関するシンポジウム講演概要, 大阪, pp.6-7, (2000.11)

 

*中嶋和成, 戸田裕己, 村田 頼信, 北岡利道:PE製ガス管融着部の超音波探傷 −差分法による欠陥波形の抽出−, () 電子科学研究所 平成13年度構造物の非破壊検査に関するシンポジウム講演概要, 大阪, pp.4-5, (2000.11)

 

*谷本晃久, 蜂谷昌彦, 戸田裕己, 村田 頼信, 養祖次郎, 石塚弘道:表面SH波による鉄道車両用車軸輪座の探傷 〜波形整形法を用いたき裂高さの定量評価〜, () 電子科学研究所 平成13年度構造物の非破壊検査に関するシンポジウム講演概要, 大阪, pp.8-9, (2000.11)

 

*谷本晃久, 蜂谷昌彦, 戸田裕己, 村田 頼信, 養祖次郎, 石塚弘道:波形整形法による鉄道車両用車軸のき裂高さ評価(2) , 日本非破壊検査協会 平成12年度秋期大会講演概要集, 仙台, pp.213-214, (2000.10)

 

§平成11 (1999) 年度

*北岡利道, 吉田乙雄, 戸田裕己, 村田 頼信, 養祖次郎, 石塚弘道:PEEF継手融着界面超音波検査技術の開発, 日本非破壊検査協会 第7回超音波による非破壊評価シンポジウム講演論文集, pp., (2000.1)

 

*谷本晃久, 蜂谷昌彦, 戸田裕己, 村田 頼信, 養祖次郎, 石塚弘道:波形整形法による鉄道車両用車軸のき裂高さ評価(1) , 日本非破壊検査協会 第7回超音波による非破壊評価シンポジウム講演論文集, pp.131-132, (2000.1)

 

*戸田裕己, 村田頼信, 養祖次郎, 石塚弘道:波形整形法による鉄道車両用車軸輪座のき裂探傷, 日本非破壊検査協会, 日本非破壊検査協会 平成11年度非破壊検査に関する研究発表会, 大阪, pp., (1999.7)

 

*村田頼信, 戸田裕己, 養祖次郎, 石塚弘道:波形整形法による鉄道車両用車軸輪座のき裂探傷, 日本非破壊検査協会, 平成11年度春季大会, 東京, pp.189-190, (1999.5)

 

§平成10 (1998) 年度

*村田頼信:表面SH超音波による鉄道車両用車軸輪座のき裂探傷, 191回材料談話会, 材料談話会講演要旨集, 米沢, pp.206-207, (1998.12)

 

*川上直哉, 田村安孝, 滝本淳一, 増渕雄一, 小山清人, 村田頼信:多次元ΔΣ変調と超音波アレイトランスデユーサを用いた音場制御, 第19回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム, 京都, pp.197-198, (1998.11)

 

§平成9 (1997) 年度

*村田頼信, 戸田裕己, 大滝博紀, 滝本淳一, 小川清人:粒子分散媒体における超音波の周波数応答特性, 日本非破壊検査協会 第5回超音波による非破壊評価シンポジウム, 東京, pp.89-94,1998.1

 

*木塚智昭, 中川洋, 養祖次郎, 石塚弘道, 戸田裕己, 村田頼信:表面SH波による鉄道車両用車軸輪座のき裂探傷, 日本非破壊検査協会 第5回超音波による非破壊評価シンポジウム, 東京, pp.21-22, (1998.1)

 

*川上直哉, 田村安孝, 滝本淳一, 増渕雄一, 小山清人, 村田頼信:多次元△Σ変調とオーバーサンプリング技術を用いた高分子密アレイトランスデューサの開発, 第18回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム, 千葉, pp.87-88, (1997.11)

 

*村田頼信, 戸田裕己, 木下信司, 田村安孝, 小山清人:超音波符号化開口トランスデューサによる速度ベクトル計測の基礎的検討, 日本非破壊検査協会 平成9年度秋季講演大会, 広島, pp.33-36, (1997.11)

 

§平成8 (1996) 年度

*木下 伸司, 滝本 淳一, 田村 安孝, 小山 清人, 村田 頼信:超音波ホログラフィ法による高分子アレイセンサを用いた速度ベクトル計測, 17回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム, 米沢, pp.61-62, (1996.11)

 

*田村 知也, 滝本 淳一, 田村 安孝, 小山 清人, 村田 頼信:高分子符号化トランスデューサによる超音波二次元断面撮像, 17回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム, 米沢, pp.59-60, (1996.11)

 

*村井 康一, 若山 実, 滝本 淳一, 小山 清人, 村田 頼信:音響化学ルミネセンスの発光分布計測, 41回音波の物性と化学討論会, 佐賀, (1996.10)

 

*吉田史志, 村田 頼信, 滝本 淳一, 田村 安孝, 小山 清人:P(VDF-TrFE) トランスデューサを用いた符号化合成開口法による超音波撮像, 45回高分子学会年次大会, 名古屋, 1996.5

 

§平成7 (1995) 年度

*木下 伸司, 村田 頼信, 滝本 淳一, 田村 安孝, 小山 清人:高分子アレイセンサによる超音波ホログラフィ - 管内粒子の流速分布計測 -, 16回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム, 筑波, pp.111-112, (1995.12)

 

*吉田 史志, 村田 頼信, 滝本 淳一, 田村 安孝, 小山 清人:高分子符号化トランスデューサによる超音波二次元断面撮像 −疑似逆フィルターによる高画質化−, 16回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム, 筑波, pp.113-114, (1995.12)

 

*村井 康一, 村田 頼信, 南川 慶二, 滝本 淳一, 小山 清人:音響化学ルミネッセンスに対するセル形状の影響, 40回音波の物性と化学討論会, 名古屋, pp.51-53, (1995.10)

 

*柳田 裕隆, 村田 頼信, 滝本 淳一, 小山 清人:水の超音波分解における超音波照射強度の影響, 4回ソノケミストリー討論会, 大阪pp.9-11, (1995.10)

 

・小林 正俊, *丹羽 宏和, 村田 頼信, 滝本 淳一, 小山 清人, 山田 洋輔:パリソン押し出し過程における肉厚測定法の検討, 成型加工シンポジア`95, 福岡pp.53-54 , (1995.10)

 

*村田 頼信, 大滝 博紀, 滝本 淳一, 小山 清人:粒子分散系における超音波非線形の粒子径依存, 18回非線形音響研究会, 軽井沢, (1995.8)

 

*村井 康一, 武藤 進一, 村田 頼信, 南川 慶二, 滝本 淳一, 小山 清人:二相分離系液体の撹拌制御, 44回高分子学会年次大会, 横浜, p.795, (1995.5)

 

§平成6 (1994) 年度

*村田 頼信, 木村 智, 南川 慶二, 滝本 淳一, 小山 清人:超音波流動によるセル内の液体の撹拌, 日本音響学会 平成7年度春季研究発表会, 横浜, pp.897-898, (1995.3)

 

*吉田 史志, 村田 頼信, 南川 慶二, 滝本淳一, 田村 安孝, 小山 清人:2-ch M系列符号化アレイトランスデューサによる超音波画像形成 −周波数領域における直線補間に基づく造作異性オペレータの設計−, 15回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム, 京都, pp.113-114, (1994.11)

 

*大滝 博紀, 村田 頼信, 南川 慶二, 滝本 淳一, 小山 清人:超音波非線形性を用いた粒子形状の解析, 39回音波の物性と化学討論会, 金沢, pp.64-66, (1994.10)

 

*武藤 進一, 大滝 博紀, 村田 頼信, 南川 慶二, 滝本 淳一, 小山 清人:高分子フィルムの結晶化度に伴う超音波非線形性の変化, 39回音波の物性と化学討論会, 金沢, pp.4-6, (1994.10)

 

*武藤 進一, 大滝 博紀, 村田 頼信, 南川 慶二, 滝本 淳一, 小山 清人:高分子フィルムの超音波非線形性, 43回高分子討論会, 福岡, pp.3459-3460, (1994.10)

 

*大滝 博紀, 村田 頼信, 南川 慶二, 滝本 淳一, 小山 清人:繊維の超音波非線形性, 43回高分子討論会, 福岡, pp.3457-3458, (1994.10)

 

*照井 哲也, 村田 頼信, 南川 慶二, 滝本 淳一, 尾形 健明, 小山 清人:超音波照射によって生成されるラジカル種の検出, 3回ソノケミストリー討論会, 浜松, pp.5-6, (1994.10)

 

*井上 浩, 吉田泰夫, 小山 清人, 村田 頼信, 名取道也:P(VDF-TrFE) を使用した体内音場計測用ハイドロホンの特性, 日本超音波医学会 第8回東北大会, 盛岡, (1994.9)

 

*村田 頼信, 木村 智, 南川 慶二, 小山 清人:超音波流動を利用した高分子液体の撹拌, 18回非線形音響研究会, 軽井沢, (1994.8)

 

・木村 智, *村田 頼信, 武井 誠史, 南川 慶二, 小山 清人:超音波場による金型内高分子溶融体流動の制御, 6回プラスチック成形加工学会年次大会, 東京, pp.53-54, (1994.6)

 

§平成5 (1993) 年度

*村田 頼信, 南川 慶二, 小山 清人:高分子ハイドロフォンの作製, 4回日本超音波医学学会生体作用研究部会, 大阪, (1994.2)

 

*黒沢 英生, 村田 頼信, 南川 慶二, 小山 清人:高分子センサーによる集束衝撃波の周波数スペクトル計測, 平成5年度衝撃波シンポジウム, 千葉, pp.519-522, (1994.1)

 

*村田 頼信, 南川 慶二, 田村 安孝, 小山 清人:2-ch M系列符号化アレイトランスデューサによる超音波画像形成 −伝達関数行列の特異値分解に基づく造作異性オペレータの設計−, 14回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム, 横浜, pp.181-182, (1993.12)

 

*大滝 博紀, 村田 頼信, 南川 慶二, 小山 清人:粒子分散系における超音波の非線形挙動に対する粒子径依存性, 38回音波の物性と化学討論会, 徳島, pp.22-24, (1993.11)

 

・木村 智, *村田 頼信, 南川 慶二, 小山 清人:超音波による高分子溶融体の流動, 38回音波の物性と化学討論会, 徳島, pp.19-21, (1993.11)

 

*村田 頼信, 黒沢 英生, 南川 慶二, 小山 清人:圧電性高分子薄膜を用いた衝撃波の測定, 17回非線形音響研究会, 軽井沢, (1993.8)

 

§平成3 (1991) 年度

*村田 頼信, 田中 克史, 田村 安孝, 小山 清人:2チャンネルM系列符号化アレイトランスデューサの指向特性, 12回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム, 東京, pp.191-192, (1991.12)

 

*田村 安孝, 村田 頼信, 小山 清人:波面を符号化する開口を持つ音響撮像センサ, 30回計測自動制御学会, 米沢, (1991.7)

 

§平成2 (1990) 年度

*村田 頼信, 伊藤 浩志, 田崎 保浩, 田中 克史, 田村 安孝, 小山 清人:M系列符号化アレイトランスデューサによる超音波画像形成, 11回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム, 京都, pp.98-99, (1990.11)