表のHPへ戻る    自己紹介に戻る

 

中島敦司の業績

 

所属学会へGO    著書へGO    原著論文へGO

マスコミ報道へGO→   プロジェクト研究・共同研究へGO

 

1

■ 所属学会

日本緑化工学会,日本造園学会,日本林学会,土木学会,日本生態学会,近自然研究会

 

▲ Page TOP ▲

2

■ 著書

 1 (共著)ランドスケープエコロジー.技報堂出版(1998

 2 (共著)里山を考える101のヒント,草刈りに依存して生き残った土手の花たち.林業技術協会編(2000

 3 (共著)ビオトープ101ガイド.誠文堂新光社(2004 Go amazon

 4 (共著)緑化工学ハンドブック.朝倉書店(2004):印刷中

 

▲ Page TOP ▲

3

■ 原著論文(査読付き)

 

1990年(3編)

 1 M.GOTH, O.MORITA, K.NISHIWAKI and A.NAKASHIMA1990Feeding value of rice whole crop silage as compared to those of various summer forage crop  silagesAnimal Science and Technology Vol.62No.154-57

 2 養父志乃夫,中島敦司,河村止,石川格(1990)緑化用ゼラニウムの挿し木増殖手法に関する研究.日本緑化工学会誌15(3):31-38

 3 養父志乃夫,中島敦司,河村止,石川格(1990)オオスギゴケを用いた張り苔の生産手法に関する研究.造園雑誌53(2):97-102

 

1991年(0編)

 

1992年(1編)

 4 養父志G5IW!$中島敦司,河村止(1992)白色蛍光灯を光源とする人工照明下におけるグランドカバー植物数種の生育に関する研究.日本緑化工学会誌18(2):22-29

 

1993年(0編)

 

1994年(1編)

 5 中島敦司,万木豊,永田洋(1994)夏季の温度および日長がサザンカの開花に及ぼす影響.日本林学会誌 76(6):584-589

 

1995年(2編)

 6 中島敦司,船越三朗,永田洋(1995)水平,垂直移動がサザンカの開花に及ぼす影響.日本林学会研究発表論文集 106319-322

 7 中島敦司,永田洋(1995)開芽からの恒温条件がサザンカの開花,土用芽の発生に及ぼす影響.日本林学会誌77(3):254-259

 

1996年(0編)

 

1997年(9編)

 8 中島敦司,養父志乃夫,石渡和男,佐伯高志,斎藤真悟,大沢満(1997)丘陵地二次林に自生する野生草花の着花に求められる環境条件.土木学会環境工学研究論文集34291-296

 9 中島敦司,養父志乃夫,櫛田達矢,永田洋(1997)サザンカにおける土用芽の発生と花芽の形成および開花の関係.日本林学会誌79(2):69-75

 10 中島敦司,養父志乃夫,櫛田達矢,永田洋(1997)シバザクラの開花に及ぼす低温処理の影響.日本緑化工学会誌23(1):20-25

 11 中島敦司,養父志乃夫,中尾史郎,永田洋(1997)気象庁の観測データからみたソメイヨシノの開花日の地域特性と年変動.土木学会環境システム研究論文集25:7-12

 12 養父志乃夫,中島敦司1997)ハッチョウトンボ生息地の保全に関する生態学的研究.日本造園学会ランドスケープ研究60(4):324-328

 13 養父志乃夫,中島敦司1997)アカガシの幼苗生産における植栽密度の検討.日本造園学会ランドスケープ研究60(5):481-484

 14 養父志乃夫,中島敦司,江崎正裕,中尾史郎(1997)庭園に飛来する鳥類の環境構造に対する選択性に関する研究.土木学会環境システム研究論文集2545-49

 15 養父志乃夫,中島敦司,山田宏之,中尾史郎(1997)市街地ビル屋上における小ビオトープの形成に関する実証的研究.土木学会環境システム研究論文集2567-75

 16 中尾史郎,養父志乃夫,中島敦司1997)遠隔地からの緑化植物の移植が昆虫の地域個体群へ及ぼす影響.土木学会環境システム研究論文集25665-669

 

1998年(9編)

 17 中島敦司,養父志乃夫,山田宏之,駒走裕之(1998)湾岸工場地での「エコロジー緑化」植栽地における施工18年目の林分構造.日本造園学会ランドスケープ研究61(5):505-510

 18  A.NAKASHIMA, T.KUSHIDA, S.YABU and H.NAGATA1998Effects of winter chilling on the flowering and shoot elongation of Rhododendron indicum SweetEnvironmental Engineering Research Vol.35477-485

 19 劉震,中島敦司,櫛田達矢,永田洋(1998)冬季の温度環境がイイギリ頂芽の開芽に及ぼす影響.土木学会環境システム研究論文集26239244

 20 S.YABU, A.NAKASHIMA, T.AKIYAMA, M.TAKEHUJI and O.NAGANO1998Studies on the formation of wetland type biotop with recycled water in the industrial open space of the bay coast. Environmental Engineering Research Vol.35295-303

 21 駒走裕之,養父志乃夫,中島敦司1998)緑化用カシ類3種の幼木の成長特性.日本造園学会ランドスケープ研究61(5):501-504

 22 劉震,櫛田達矢,中島敦司,永田洋(1998)イイギリの成長停止を誘導する環境条件.土木学会環境工学研究論文集35487-494

 23 根本淳,養父志乃夫,中島敦司1998)都市近郊におけるコナラ二次林の林床植生と踏圧,植生管理,林分面籍及び周辺環境の関係.土木学会環境システム研究論文集26:1-11

 24 養父志乃夫,駒走裕之,中島敦司1998)緑化用ブナ科植物9種の種子発芽における温度特性.日本造園学会ランドスケープ研究61(5):497-500

 25  H.YAMADA, J.OIKAWA, S.YABU and A.NAKASHIMA1998The effect of irrigated  paddy   fields to reduce the daytime air temperature in Satte cityEnvironmental Systems Reseach Vol.26303-309

 

1999年(3編)

 26 櫛田達矢!$中島敦司,永田洋(1999)春季の加温処理によるアカマツの土用芽の誘導.日本林学会誌181(1):57-64

 27 櫛田達矢,中島敦司,永田洋(1999)アカマツの土用芽の発生と翌春の雄花と雌花の開花の関係.日本林学会誌81(2):109-115

 28 根本淳,養父志乃夫,中島敦司1999)都市近郊コナラ二次林の林床植生保全に関る研究−東京都,武蔵野台地における事例的研究−.土木学会環境システム研究論文集27339-345

 

2000年(11編)

 29 中島敦司,中尾史郎,養父志乃夫,山田宏之(2000)人工島の環境保全緑地における昆虫生息場所機能,日本造園学会ランドスケープ研究63(5):509-514

 30  A.NAKASHIMA,  S.YABU, S.NAKAO, H.YAMADA, T.KUSHIDA and H.NAGATA2000Regional and yearly changes of flowering date in Prunus yedoensis studied for the observetion by the Japan Meteorological Agency. Forest and Soc.: The Role of Research, XXI  IUFRO World Congress, Vol.3475-475

 31  溝口恵史,中島敦司,山田宏之,中尾史郎,山田和司,松本勝正,養父志乃夫 (2000)クララの生育する草地の維持および管理手法に関する基礎的研究.土木学会環境工学研究論文集 37221-227

 32 中尾史郎,中島敦司,養父志乃夫,山田宏之,鈴木武彦,小松正明(2000)ヒメシロチョウ成虫の活動空間の整備に関する研究,日本造園学会ランドスケープ研究63(5):519-522

 33 養父志乃夫,山田宏之,中島敦司,中尾史郎,松本勝正(2000)土嚢袋を用いた表土利用型法面緑化工法の評価,日本造園学会ランドスケープ研究63(5):447-450

 34 山田宏之,養父志乃夫,中島敦司,中尾史郎,松本勝正(2000)異なる地表面状態の屋外空間における夏季暑熱環境の評価,日本造園学会ランドスケープ研究63(5):543-546

 35 山田宏之,養父志乃夫,中島敦司,中尾史郎,松本勝正,真砂晋平(2000)屋内植栽樹木の初期変化について,日本緑化工学会誌 25(4):571-574

 36 S.NAKAO, M.MURAJI, S.YABU, A.NAKASHIMA, H.YAMADA, K.MATSUMOTO(2000)A Primary view of evolution of wing polymorphism and MtDNA sSequences of Thrips   nigropilosusInternational Symposium `Evolution 2000': Biodiversity in Network of Bioinformation from the Standpoint of Devo-Evo View. :ペ!<%8

 37  S.NAKAO, S.AZUMA, A.YAMAO, K.MATSUMOTO, H.YAMADA, A.NAKASHIMA and S.YABU (2000)Function of Urban Forestry in Historical Garden to Conserve Bio-diversity and a Princeple to Sustain it from the Aspect of Phenetic Differences among Local Populations of the Cicada, Cryptotympana facialis.. Joournal of the Japanese Institute of Landscape Archiecture, International Edition (1):100-103

 38 中尾史郎,姫野平,松本勝正,養父志乃夫,中島敦司,山田宏之(2000)流水におけるシマアメンボの移動傾向と局所集団間の表型的差異,土木学会環境工学研究論文集37:161-171

 39 根本淳,山田宏之,中尾史郎,松本勝正,中島敦司,養父志乃夫(2000)都市近郊二次林の埋土種子相に関する研究.土木学会環境工学研究論文集37:209-220

 

2001年(6編)

 40 A.NAKASHIMA, T.KUSHIDA, S.NAKAO, H.YAMADA and S.YABU2001)Blooming of Prunus lannesiata grown under the warmer condition in winter. Eco-Environmental Conservation and 21st Century's Forestry Management219-222

 41 東静香,中島敦司,中尾史郎,山田宏之,養父志乃夫(2001)在来種ハーブ,ハッカ・ナギナタコウジュの生育環境保全に関する研究.土木学会環境システム研究論文集29,179-184

 42 M.FUJIGAKI, M.MIWA, A.NAKASHIMA, M.S.KIM, M.SOGA and H.TANIKAWA2001)Development of Multi-spectral Infrared Camera System for Plant Healthiness Evaluation, Proceedings of SPIE, Vol. 4548:157-160

 43  中尾史郎,松本勝正,中島敦司,養父志乃夫,山田宏之(2001)都市部河川敷におけるオギ群落の形状,構造と総翅目昆虫の多様性保全効果との関係.日本造園学会ランドスケープ研究67(5):601-606

 44 養父志乃夫,山田宏之,中島敦司,中尾史郎,松本勝正(2001)大規模市街地内から郊外地にかけてのバッタ類生息密度の変化について.日本造園学会ランドスケープ研究67(5):595-600

 45  中尾史郎,表由美子,山田宏之,松本勝正,中島敦司,養父志乃夫(2001) Anaphothrips sudanensis の局所個体群における色彩と翅長の変異性,日本昆虫学会誌N.S.3:11-19

 

2002年(11編)

 46 A.NAKASHIMA, T.KUSHIDA, S.NAKAO, H.YAMADA, K.MATSUMOTO, K.YAMADA and S.YABU2002)Blooming and flower morphology of Camellia hiemalis growing under warmer condition. Journal of Environmental Systems and Engineering, No.713/VII-24:171-176

 47 中島敦司,中尾史郎,山田宏之,山田和司,養父志乃夫(2002)温暖化に伴う温度上昇がサザンカの開花に及ぼす影響.日本造園学会ランドスケープ研究64(5):471-475

 48  A.NAKASHIMA, Y.OGURA, M.FUJIGAKI, H.TANIKAWA and M.MIWA2002)Relationship between leaf temperature and photosynthetic ratio of cherry tree. Proceedings of SPIE, Vol. 4886

 49 S.NAKAO, A.NAKASHIMA, S.YABU and H.YAMADA2002)Is there a cost of wings : A comparison of long- and short-winged females of arrhenotokous Thrips nigropilosus (Thysanoptera: Thripidae).Bulletin of Entomological Resarch:ページ

 50  H.TANIKAWA, A.NAKASHIMA, M.FIJIGAKI and M.MIWA (2002) Establishment of man-made foresr management system for energy-use by using Landsat/TM images, Proceedings of SPIE, Vol. 4879:CD-ROM

 51  M.FIJIGAKI, M.MIWA, A.NAKASHIMA, M.SOGA, H.TANIKAWA and K.KATO (2002) Hue algorithm for plant healthiness monitoring using multispectral infrared camera system, Proceedings of SPIE, Vol. 4886

 52 山尾あゆみ,中尾史郎,中島敦司,養父志乃夫,山田宏之(2002)アメンボ類の生息環境保全を目的とした淡水湿地の環境整備指針.日本造園学会ランドスケープ研究64(5):527-532

 53 山田宏之,別所良起,中尾史郎,中島敦司,養父志乃夫(2002)放棄ため池における水棲生物相の地理的偏りについて.土木学会環境システム研究論文集30,63-69

 54 峰村大輔,山田宏之,山本幹雄,中尾史郎,中島敦司,養父志乃夫(2002)屋上緑化による建築物に対する熱負荷の軽減効果についての実証的研究.土木学会環境システム研究論文集30:277-283

 55 M.SOGA, K.NIINOBE, Y.MORIMOTO, M.FUJIGAKI, A.NAKASHIMA, H.TANIKAWA, M.MIWA. H.YAMADA and K.KATO (2002) Remote Meteorological Observation System and Interactive Data Publishing on Web with XML for Science Education, Proceedings of Computers in Education, Vol. 2:860-864

 56 K.MAKUNI, M.MIWA, M.FIJIGAKI, H,TANIKAWA M.SOGA and A.NAKASHIMA (2002)  Independence/cooperative remote control support system, Proceedings of SPIE, Vol. 4886

 

2003年(5編)

 57 根本淳,中島敦司,中尾史郎,山田宏之,養父志乃夫(2003)踏圧によって裸地化した都市近郊コナラ二次林における林床植生の復元ポテンシャル.日本造園学会ランドスケープ研究68(5):ページ

 58 奥田尚孝,中島敦司,中尾史郎,山田宏之,養父志乃夫(2003)温暖条件下で育成したコナラの成長.土木学会環境システム研究論文集31:145-150

 59 奥田尚孝,中島敦司,櫛田達也,中尾史郎,山田宏之,養父志乃夫(2003)異なる温度条件下で育成したコナラの成長と生物季節現象.土木学会環境工学研究論文集40:印刷中

 60 山本将功,中島敦司,櫛田達也,中尾史郎,山田宏之,養父志乃夫(2003)年間を通じた温暖条件下で育成したブナの成長と生物季節.土木学会環境工学研究論文集40:印刷中

 61 秦裕史,山尾あゆみ,中尾史郎,中島敦司,養父志乃夫,山田宏之(2003)公園緑地におけるバッタ類の微視的生息場所選択.日本造園学会ランドスケープ研究68(5):607-612

 

▲ Page TOP ▲

4

■ マスコミ報道

  平成09年03月    雑誌W-ing Vol.3(和歌山県情報誌),記事掲載

  平成09年11月    NHKニュース ニュースパーク関西

              「自然生態システムの観測装置の開発」 出演,解説

  平成10年12月    地方新聞 和歌山ニュース 記事掲載

  平成11年03月    日本経済新聞全国版科学技術欄 記事掲載

  平成11年05月    雑誌 林政ニュース(日本林業技術調査会)記事掲載

  平成11年06月    和歌山テレビ ニュースライブ6 出演,解説

  平成12年06月    NHKニュース ニュースかんさい発

              「衛星で分かる森林の健康度」出演

  平成13年02月    日本TV 科学情報番組「目がテン」 解説

  平成13年09月    毎日新聞・朝日新聞・読売新聞 記事掲載

  平成13年09月    NHKニュース 講演会の報道

  平成13年10月    毎日新聞・朝日新聞・読売新聞 記事掲載

             毎日新聞・朝日新聞・読売新聞 記事掲載

  平成13年11月    ニュース和歌山 講演会の報道

             毎日新聞・朝日新聞・読売新聞・日経新聞 記事掲載

  平成13年12月    和歌山放送ラジオ 出演,解説

  平成14年04月    NHKニュース10(全国放送) 出演,解説

  平成14年08月    毎日新聞・朝日新聞・読売新聞 記事掲載

  平成14年09月    毎日新聞 記事掲載

  平成14年10月    毎日新聞 記事掲載

  平成15年02月    産経新聞(関西版,第1面) 記事掲載

             朝日新聞 紀南新聞 記事掲載

  平成15年03月    朝日新聞 毎日新聞 記事掲載

             和歌山放送 「ラジオDE元気!」出演,解説

             毎日新聞・朝日新聞・読売新聞・紀伊日報 記事掲載

             毎日新聞 記事掲載

             地方新聞 南紀新聞 記事掲載

             NHKニュース 講演会の報道(1日3回)

             テレビ和歌山ニュース 講演会の報道(1日2回)

  平成15年04月    地方新聞 唐津新聞(佐賀県) 記事掲載

  平成14年05月    毎日新聞 記事掲載

             毎日新聞・朝日新聞・読売新聞・紀伊日報 講演会の報道

             和歌山放送 講演会の報道

             NHKニュース 講演会の報道

  平成15年06月〜10月 産経新聞「温暖化と植物」連載(計18回)

  平成14年07月    ラジオ佐賀 出演・解説

             NHKラジオニュース(佐賀) 活動の報道(1日3回)

  平成15年09月    地方新聞 和歌山新報 記事掲載

  平成15年11月    地方新聞 宮崎日日新聞 記事掲載

  平成16年01月〜04月 産経新聞「近自然川づくり」連載(計12回)

  平成16年02月    和歌山テレビ 報道番組「STOP温暖化」出演(主演)

  平成16年03月    毎日新聞・朝日新聞・読売新聞・紀伊日報 記事掲載

             NHKニュース 活動の報道

             テレビ和歌山ニュース 活動の報道

             産経新聞 記事掲載

  平成16年05月    NHKニュース 出演,解説

  平成16年07月〜現在 産経新聞「ビオトープの可能性」連載

 

▲ Page TOP ▲

5

■ プロジェクト研究・共同研究

  平成06年〜現在  国営讃岐まんのう公園における自然環境の保全に関する研究(日本緑化センター,公園緑地管理財団,国土交通省)

  平成07年〜14年  アルプスあずみの公園における自然環境の保全に関する研究(日本緑化センター,公園緑地管理財団,国土交通省)

  平成08年〜09年  光学的手法による植生および環境構造の観測システムの開発(和歌山県)

  平成08年〜14年  国営えちご丘陵公園における自然環境の保全に関する研究(日本緑化センター,公園緑地管理財団,国土交通省)

  平成09年〜10年  光学的手法を用いたノイズレスタイプの自然生態観測システムの開発(和歌山県)

  平成09年〜10年  里山二次林の植生管理に関する研究(株式会社地域環境計画)

  平成09年〜10年  里山の保全,改修,活用に関するマニュアルづくり(和歌山県)

  平成09年〜10年  林床表土を用いた樹林植生の復元(日本植生株式会社)

  平成09年〜10年  種の多様性に関する基礎研究(国際航業株式会社)

  平成10年〜14年  森林環境評価ネットワークシステムの研究開発(通信放送機構,株式会社神戸製鋼所)

  平成11年〜12年  法面植生の回復技術に関する研究(日本植生株式会社)

  平成11年〜12年  ビオトープネットワークの構築に関する基礎研究(国際航業株式会社)

  平成11年〜    和歌山県における森林環境の評価(和歌山県)

  平成12年〜13年  地球温暖化がグリーンプラン2000に及ぼす影響(日本緑化センター,国土交通省)

  平成14年〜    和歌山県における森林認証に関する検討(和歌山県)

  平成15年〜    地域貢献事業「地域資源を活用した紀伊半島みどりの地域づくり支援」(和歌山県,和歌山大学等)

  平成15年〜    和歌山竹資源有効活用コンソーシアム(県内企業数社,和歌山市,和歌山県)

  平成15年〜    松浦川「アザメの瀬」自然再生評価研究(国土交通省)

 

▲ Page TOP ▲