1背景と目的

近年,在日外国人の登録数は年々増加し,対面において多言語間でのコミュニケーションをする機会が増えています.また非英語圏の在日外国人が増加してきており,英語だけではなく,様々な言語への対応が求められています.

学校や会社などでは講義や会議などの場面で外国人の参加が多く見られます.日本における日本語の会議では外国人は内容の理解に限界があると考えられます.本システムは,日本人が外国人をサポートすることで,外国人の内容理解を支援することを目的としています.

2All for oneとは?

日本国内における会議の場では聴講者の大部分は日本人だと考えられます.日本人は聴講者ですが,支援者にもなり得るとも考えられます.外国人の周囲の日本人がみんなで協力して外国人を助けることを,本研究では「All for one」と呼びます.

3多言語会議支援システムSAKIN

会議中の発表者の発言を音声認識し,システムに単語が入力されます.入力された内容は支援者間で共有され,各支援者が修正したり,配置して整理したりして,要約された議事録を作ります.まとめられた内容は言語グリッドを介して,リアルタイムで母国語に翻訳され,外国人はそれを発表と同時に見ながら会議に参加することができます(図1).

多言語間での会議
図1. 本システム使用時の多言語間会議

音声認識によって入力された単語は,一定時間が経つと,必要のない単語として画面上から消えます.支援者によって配置されたり修正された単語は,色がつき画面上に残り,どの支援者が修正・操作したかわかります.

このようにして,効率的に議事録を作成することができ,支援者同士の協調作業の競合を減らすことができます.また,ほとんどの単語は音声から抽出するため,発表内容と外国人に提示される議事録との進行スピードの違いが少なくなります(図2).

多言語会議支援システムSAKIN
図2. 多言語会議支援システムSAKIN

4今後の予定

EDR電子化辞書を用いて,音声認識した単語を意味解析し,単語の上位概念により会議の内容を推測します.推測した会議の内容から,より精度の高い音声認識結果を導き出し,支援者の負担を少なくすることを目指します.

口頭発表

  1. 井出美奈,重信智宏,吉野孝: 言語グリッドを用いた多言語会議支援システムの要件, FIT2007 第6回情報科学技術フォーラム 一般講演論文集,Vol.3,pp.483-484 (2007).

連絡先

研究紹介のページに戻る