国立大学法人 和歌山大学

海外留学の概要

1. 留学の形態

留学には様々な形があります。あなたにとって最適な留学の形を考えてみよう!

和歌山大学交換留学制度を利用
本学に在学したままで(修業期間中に)交流協定大学へ交換留学する。留学中に取得した単位が認定される制度あり。
語学学校を利用して語学留学
私立の語学学校または、公立学校の語学研修コースなどがある。短期であれば夏休みや春休みに参加可能だが、長期の場合、休学手続きの必要あり。
一般の大学・大学院
専門性を重視。正規課程に入学し、主に学位取得を目指す。休学手続きの必要あり。
専門学校
ビジネス、アート&デザイン、IT、ツーリズムなど様々な分野がある。スペシャリスト養成の長期プログラムから趣味レベルの短期プログラムもあり。期間や出発時期により、休学手続きの必要あり。

2. 留学の手続き

本学の交流協定に基づかない留学や海外の大学の正規課程に入学し、学位取得を目指す場合には、休学の手続きをする必要があります。その場合の手続きについては学生センターの教務課(基礎教育棟1階)に問い合わせてください。

交流協定に基づく交換留学を行う場合の手続きについては、「和歌山大学交換留学制度を利用しての留学」を参照してください。

3. 留学先での科目履修と帰国後の単位認定

本学の交流協定に基づかない留学や海外の大学の正規課程に入学し学位取得を目指す留学の場合には、原則として、留学先での修得単位を本学の単位として認定することができません。

以下に大まかなチャートを示しておきますので参考にしてください。

  海外の大学での学位取得 本学の授業料 留学先大学の授業料 修業(在学)年限算入 単位認定※ メリット
在学しての留学(修業期間中)和歌山大学交換留学制度 不可 払う 払わない 可(所属学部の承認必要) 大学(交換留学担当部署)のバックアップ
休学しての留学 払わない 払う 不可 不可 協定校以外でも自由に留学先が選べる
卒業後の留学(大学の関与外) 払う 自由に更なるキャリアアップが望める

※単位認定については、各学部の教務係に確認してください。

4. 留学と将来の進路

留学は、あなたの大学生活と卒業後の進学・就職、ひいては将来の人生設計とも深く関係してきます。

本学の交換留学制度を利用して留学(概ね半年〜1年間程度)するのか、休学して留学するのか、または海外での学位取得を目指して長期留学するのか等、留学の形によって、将来の進路への影響に違いが出てきます。

これまでに留学した和大生の中には、学部時代に留学して卒業後に就職、または、日本で大学院に進学した人、大学院在学中に留学し研究を深めた人、大学卒業後、再び留学した人等等、様々な人がいます。

中には、留学はしたけれども、帰国後の計画を十分考えていなかったために、その後の卒業までの計画,就職活動等に大きく響いてしまった人もいます。

留学は、あなたの人生の転機にもなり得るものです。充実した留学生活を送り十分な成果を得るためにも、まず、「なぜ留学するのか?」という目的意識をはっきりさせ、しっかりとした留学計画を立てることが大切です。

このページのTOPへ