第5回和歌山大学産学官交流会「和歌山大学見学ツアー」を開催

2012年9月6日

平成24年9月3日(月)、和歌山大学栄谷キャンパスにおいて、地元企業の方々に和歌山大学の研究や取組みをより知って頂くために、平成22年度から開催し第5回目となる「和歌山大学産学官交流会」の和歌山大学見学ツアーが開催されました。

 今回は地元企業および行政関係者を中心に約50人が参加し、観光学部棟において聴覚・音声に関する最新の研究内容や、宇宙教育に関する取組みなど様々な研究事例を発表。システム工学部聴覚メディア研究室や宇宙教育研究所が持つ電波通信観測施設などの研究室見学も実施され、参加者はまだ公開されていない最新の研究内容などに触れながら、企業と大学の連携を目指した活発な意見交換・交流を行いました。

<プログラム>
〇講演
・システム工学部デザイン情報学科 西村竜一助教
・システム工学部デザイン情報学科 入野俊夫教授
・システム工学部デザイン情報学科 河原英紀教授
 20120906_01.jpg

 

〇研究室見学
・総合研究棟 聴覚メディア研究室(河原教授・入野教授・西村助教)
・電波通信観測施設(パラボラアンテナ) ロケットランチャー
 

〇講演
・宇宙教育研究所 所長 秋山演亮特任教授
20120906_02.jpg

20120906_03.jpg

20120906_04.jpg


【取材参加した学生の声】

 聴覚・音声の研究についての講演に参加させていただきました。

 三人のお話から、音声に関する技術の素晴らしさはもちろん、「音で人々の暮らしを変えたい」「音声研究の中心地を和歌山にしたい」という信念を感じることが出来ました。
 画期的な技術や理論を生み出すための研究ではなく、現状の社会や生活をよりよくしたいという気持ちで研究することがこのような技術や理論を生むのかもしれません。
私自身、来春より大学院に進学することが決まり、研究者として第一歩を踏み出したばかりですが、常に初心を忘れないように研究に励みたいと思いました。(システム工学部 情報通信システム学科 4年生)