UNWTO・観光庁共催「遺産観光に関する国際会議」で観光学部生が運営をサポート

2016年3月11日

国連世界観光機関(UNWTO)及び国土交通省観光庁は2月25日(木)、奈良県奈良市の東大寺総合文化センター金鐘ホールを会場に「遺産観光に関する国際会議」を共催しました。
UNWTOアフィリエイト・メンバーである和歌山大学からは、加藤久美教授が「遺産の保存と活用の両立」に関するセッションのモデレーターを務めると共に、観光学部4回生の学生3名がボランティアとして参画しました。

当日の様子など、詳しくはこちらからご覧ください。
(国際観光学研究センター設置準備室のページに移動します)