【CTR・観光学部】6/17(金)開催!~観光教育研究セミナー2016 Vol.1「日本におけるスポーツツーリズム ~和歌山大学での国際共同研究について~」

2016年6月1日


チラシ(ダウンロード/PDFファイル)

ラグビーワールドカップ2019、東京オリンピックパラリンピック2020、関西ワールドマスターズゲームズ2021の開催地となっている日本において、スポーツツーリズムは地域愛着を高めるための役割が期待されています。

また、国外ではハイキング、サーフィン、スキーといったアクティブスポーツツーリズムにおいても同様の役割が認識され始めています。

本セミナーでは、(1)国際観光学研究センター(CTR)Tourism & Sportユニットの研究プロジェクト概要、(2)日本におけるスポーツツーリズム研究の現状、(3)熊野古道研究プロジェクトで用いる社会・文化心理的アプローチ方法、について紹介します。

事前の参加申込や参加費は不要です。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

*セミナーは英語で行われますが、質問は日本語でご参加いただけます。

テーマ

日本におけるスポーツツーリズム~和歌山大学での国際共同研究について~

日時

2016年6月17日(金)13時10分~14時40分

会場

和歌山大学国際観光学研究センター会議室(経済学部南棟1階107会議室)(和歌山市栄谷930)

発表者

CTR Tourism & Sportsユニット

<講師紹介>

  • Prof Tom Hinch
    アルバータ大学体育・レクリエーション学部教授/和歌山大学特別主幹教授)
  • Prof Gordon J. Walker
    (アルバータ大学体育・レクリエーション学部教授/和歌山大学特別主幹教授)

<モデレーター>

  • 伊藤 央二
    (和歌山大学観光学部 講師)

主催

和歌山大学国際観光学研究センター、和歌山大学観光学部

お問い合わせ先

TEL 073-457-7025 / E-mail info-ctr@center.wakayama-u.ac.jp