【CTR・観光学部】8/9(火)開催!~観光教育研究セミナー2016 Vol.4@和大首都オフィス「スポーツツーリズム~メガイベントが日本社会を変える~」

2016年7月28日


チラシ(ダウンロード/PDFファイル)

この度、東京都港区芝浦の東京工業大学キャンパス・イノベーションセンター内に設置した「和歌山大学首都オフィス」を活用し、「観光学部、国際観光学研究センター主催 観光教育研究セミナー@和歌山大学首都オフィス」を開催することとなりました。(夏、冬の年2回実施。)

第1回目となる今回は、「スポーツツーリズム ~メガイベントが日本社会を変える~」と題し、世界のスポーツツーリズム研究をリードするカナダ・アルバータ大学教授/和歌山大学特別主幹教授のTom Hinch教授を基調講演講師にお招きして、スポーツツーリズムをめぐる国内外の研究概要をご紹介いただくとともに、2020年東京五輪に前後して開催されるメガスポーツイベントを契機として日本社会に何が問われるのかを考えてまいります。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

 

*基調講演は英語で行われますが、日本語による配布資料があります。また、パネルディスカッションは日本語および逐次通訳で行われます。

*会場、および資料準備の都合により、事前の参加申込が必要です。下記問い合わせ先まで、E-mail にてお申し込みください。(参加費は無料です)

 

テーマ

スポーツ・文化・ワールド・フォーラム公式サイドイベント
観光教育研究セミナー2016 Vol.4@和歌山大学首都オフィス

「スポーツツーリズム ~メガイベントが日本社会を変える~」

日時

2016年8月9日(火)15時~17時30分

*セミナー終了後18時より、情報交換会を開催いたします。

会場

東京工業大学 キャンパス・イノベーションセンター 1階「国際会議室」

(〒108-0023 東京都港区芝浦3-3-6 JR 田町駅芝浦口すぐ)

基調講演

「The state and future of sport tourism in Japan 日本におけるスポーツツーリズムの現状とこれから」

 

Prof Tom Hinch
(カナダ・アルバータ大学 体育・レクリエーション学部教授/和歌山大学 特別主幹教授) 

パネルディスカッション

「スポーツツーリズムの今後の課題と取組みについて」

パネリスト:仙台 光仁(スポーツ庁 参事官(地域振興担当)) 、伊藤 央二(和歌山大学 観光学部講師)

コメンテーター:Prof Tom Hinch

モデレーター:加藤 久美(和歌山大学 観光学部教授/ 国際観光学研究センター副センター長)

定員

130名

参加費

無料

参加申込

Eメールでのみ、参加申し込みを受け付けます。

本文に「お名前」「ご連絡先電話番号」「情報交換会への参加希望有無」をご記入のうえ、下記までお申し込みください。

* 参加申込期日:2016 年8月5日(金)17 時

主催

和歌山大学国際観光学研究センター、和歌山大学観光学部

後援

スポーツ庁、観光庁

参加申し込み、およびお問い合わせ先

和歌山大学 国際観光学研究センター

TEL 073-457-7025 / E-mail info-ctr@center.wakayama-u.ac.jp