【岸和田サテライト】8/11(木)開催 いま「中世日本の国境地帯」を考える―倭寇「根来・雑賀」から降倭「沙也可」まで―

2016年7月8日


 和歌山大学岸和田サテライトでは、紀州が「国内の異国」であった戦国乱世の時代を問い直す歴史講座を、下記の日程で開催します。参加費無料、事前申し込み不要です。
 みなさまのお越しをお待ちしております。

歴史講座(山中吾朗氏追悼特別企画)
いま「中世日本の国境地帯」を考える―倭寇「根来・雑賀」から降倭「沙也可」まで―

日時:2016年8月11日(山の日) 14時~16時
場所:岸和田市立浪切ホール4F交流ホール(岸和田市港緑町1-1)
講師:海津一朗(和歌山大学教育学部教授)/岡村康司(THE BEAT)

詳しくはこちらからご覧ください。
(岸和田サテライトのページに移動します)

PDF(885KB)

0811chuuseinihonnno.jpg