【教育学部】7/31(日)開催 有田川干潟観察会(第14回)

2016年7月14日

先日の和歌浦に続き、今回は有田川での干潟観察会のご案内です。
2004年1月のマリーナ建設計画見直し以降、毎年実施しています。
現在、県の河川課が市民の干潟へのアクセスが良くなるように、自然を配慮した公園整備が行われています。
アシハラが良く残っている干潟で、和歌浦とは一部異なる生物が見られます。

有田川干潟観察会(第14回)

■日時:2016年7月31日(日)、10:00~12:00(自由解散)

■観察予定地:有田市立病院前の干潟
 ハクセンシオマネキやチゴガニの求愛行動、多数のアシハラガニやトビハゼ、ヤドカリ類、ウミニナ類、コゲツノブエなど、たくさんの生き物を観察できます。

集合時間と場所:10時に箕島中学校南側の川沿いの駐車場(JR箕島駅から徒歩5分)
 ※事前の参加申し込みは不要 
 ※雨天中止(小雨決行)

費用:資料一部100円、希望者のみ

■服装や準備物、その他注意点:長靴または泥にはまっても良い靴(サンダル・水雪駄は泥に足を取られるので不適)。帽子、軍手、タオル等、採集道具や飲食物、着替えは各自の判断で。

■主催:和歌山大学教育学部生物学教室

問い合わせ:e-mail: tkoga@center.wakayama-u.ac.jp 073−457−7334または090-4499-3157,古賀まで


教育学部科学教育/理科専攻についてはこちらからご覧ください。