【羽倉賞W受賞!】システム工学部・天野敏之教授、観光学部・尾久土正己教授

2017年11月21日

 羽倉賞は、CGや3D立体映像、VRなど、分野を問わず最先端の表現技術を活用した作品や取り組みを通して社会に貢献した功績を表彰することで、表現技術の質を高め幅広い分野での普及に貢献することを目的として、今年創設されました。

 その記念すべき第1回羽倉賞の【奨励賞】を、本学から2名の教員が受賞しました!

第1回「羽倉賞」発表
(一般財団法人 最先端表現技術利用推進協会のホームページへ移動します。)

 

システム工学部 天野敏之教授

【奨励賞】映像技術奨励賞
・作品名:「日本橋三越本店天女像音と光のインスタレーション」
 詳しくはこちら
 (システム工学部のホームページへ移動します。)

 

観光学部 尾久土正己教授

【奨励賞】表現技術利用促進奨励賞
・作品名:「実写全天映像を使ったスポーツ・観光の新たな映像表現の普及」
 詳しくはこちら
 (観光学部のホームページへ移動します。)