【システム工学研究科】システム工学研究科学生がe-ZUKAスマートフォンアプリコンテスト2017で協賛企業賞を受賞

2018年1月9日

和歌山大学大学院システム工学研究科の板倉七海さん(デザイン科学クラスタ博士前期課程1年、デザインシステム計画研究室)、佐藤弥由さん(同、ソフトウェアデザイン研究室)、平松優子さん(同、ソフトウェアデザイン研究室)が、e-ZUKAスマートフォンアプリコンテスト2017で協賛企業賞を受賞しました。

  • チーム名:「TKG+α」
  • 作品名:「しゅくまる」

e-ZUKAスマートフォンアプリコンテストは、福岡県飯塚市が開催しているスマートフォン、タブレット端末向けのアプリケーションの開発コンテストです。 2012年度に第1回を開催し、今回で6回目となります。同コンテストでは、協賛企業及び主催者が出題するテーマに則した作品を、飯塚市に限らず広く全国から募集しています。今年度は、「子育て・学習・趣味」「生活(仕事)の利便性向上」「健康・医療・介護」という3つのテーマが設けられました。

「しゅくまる」は、宿題を通して親子のコミュニケーションを図るアプリケーションです。最近は、両親が共働きの世帯の増加に伴い、家で留守番をする子供も増加しています。親は家で留守番をしている子供のことが心配になったり、子供は一人で寂しい思いをしたりということもあるでしょう。「しゅくまる」は、子供からの、宿題が終わったという連絡を通してコミュニケーションをとることができます。

書類選考による一次審査を通過した22作品(20チーム)がプレゼンテーション等を行いました。その結果、チーム「TKG+α」が、2件の協賛企業賞を獲得しました。

なお、板倉七海さんたちのチーム「TKG+α」は、1月に研究科長表彰を受けることが決定しています。