【教育・地域支援部門】3/6(金)教育実践による地域活性化事業フォーラム・体験旅行&夏学習(夏旅)報告会の開催について

2020年1月17日

 「地域に根ざし、地域で学ぶ」教員の養成を目指して開始された、和歌山大学教育学部「へき地・複式教育実習」の取り組みは、今年度で18年目を迎えました。おかげさまで、県内各地の学校・教育機関、地域の方々の多大なるご協力・ご支援を得て、充実・拡大を続けてきています。
 人間関係が希薄化していく一方で、「絆」の重要性が再認識されている今こそ地域に根ざした教育の意義を考える機会として、当取組は全国的にも注目を集めてきました。和歌山大学でもこれらの期待に応えるため、クロスカル教育機構 教育・地域支援部門を設置し、学生の学びの支援に取り組んでいます。当フォーラムでは、本年度の事業成果の一端を発表するとともに、今後の方向性についても議論したいと思います。
 参加費無料、どなたさまにもご参加いただけます。みなさまのご参加をお待ちしております。

教育実践による地域活性化事業フォーラム・体験旅行&夏学習(夏旅)報告会
日時:令和2年3月6日(金) 13時20分~16時40分 (受付:13時~)
会場:和歌山大学東2号館(教育学部講義棟)L101教室 他
参加費:無料

詳細はコチラからご確認ください。