【システム工学部】システム工学部学生がOGIS-RI Software Challenge Award 2019で優勝

2020年1月9日

和歌山大学システム工学部の泉瑠々子さん(メディアデザインメジャー3年、デザイングループ[松延])が、OGIS-RI Software Challenge Award 2019で優勝しました。

  • チーム名:「roro」
  • 作品タイトル:「ココイル」

株式会社オージス総研が主催するOGIS-RI Software Challenge Awardは、学生を対象としたソフトウェアコンテストです。第10回目となる今年は、「焦らないソフトウェア」をテーマに、関連するソフトウェアのユニークさ、革新性などを競いました。

「ココイル」は、旅行など集団行動時の引率者をサポートするアプリケーションです。近年、LCCや夜行バスなど安価ですが、遅れた際に代理プランのない時間に厳しいサービスが増えてきています。そのため、引率者はトラブルが発生した際、「次の予定に間に合わないのではないか」と焦る事態に陥ってしまいます。「ココイル」では、旅行を移動、自由行動、集合の三段階において、引率者と参加者の現在地と時間の情報の共有を支援し、はぐれてしまうなど起きがちなトラブルを未然に防ぎ、引率者が焦らないようにします。

チーム「roro」は、2回の書類審査を通過し本選に出場しました。本選では、書類選考を通過した5チームによりプレゼン発表および質疑応答が行われました。その結果、見事に優勝の栄誉を勝ち取りました。

なお、泉瑠々子さんのチーム「roro」は、1月に、学部長表彰を受けることが決定しています。