【システム工学部】人間中心設計推進機構 2020年度冬季HCD研究発表会で優秀講演賞を受賞

2021年1月29日


和歌山大学システム工学部の鈴木舜也さん(4年、メディアデザインメジャーデザイングループ(松延))が、2020年11月にオンラインにて開催された、人間中心設計推進機構 2020年度冬季HCD研究発表会で優秀講演賞を受賞しました。

  • 発表タイトル:
    「眼球運動に基づくVRコンテンツ評価支援ツールの提案」

人間中心設計推進機構は、機器やシステム、サービスの開発に「人間中心設計(HCD:Human Centered Design)」や「ユーザーエクスペリエンスデザイン(UXD:User Experience Design)」を導入し定着させることで、社会に貢献し、経済の活性化に寄与することを目的としています。そして、2009年度より、人間中心設計やユーザエクスペリエンス、ユーザビリティに関する専門の研究発表会として、HCD研究発表会を開催しています。

2020年11月にオンライン開催された、2020年度冬季HCD研究発表会では、8件の口頭発表が行われました。その中で、鈴木さんが優秀講演賞に選ばれました。この賞は、HCD研究発表会発表者の中から、機構理事・評議委員による審査を行い優れた発表者を表彰するものです。

なお、鈴木舜也さんは、3月にシステム工学部長表彰を受けることが決定しています。