和歌山大学は生涯あなたの人生を応援します。

山本学長メッセージ
『和歌山大学2013~15年行動宣言』の公表にあたって
教養の森
教育学生支援機構
地域創造支援機構
和歌山大学教育サポートシステム(Live Campus)
システム工学部学科再編
教員免許状更新講習 教職大学院

入学希望者のみなさま

在学生・保護者のみなさま

卒業生のみなさま

企業・研究者のみなさま

社会人・地域のみなさま

ホーム >  ピックアップニュース一覧 >  東日本大震災活動報告会を開催しました

東日本大震災活動報告会を開催しました

mixiチェック

2011/05/26

5月25日学内限定の-私達にできること-をテーマに活動報告会を開催しました。

今、世界中の学生が日本支援のために活動を行っています。5月24のニュースでは、風評被害で外国人観光客が95%減となっている状況に、香港の学生グループが日本の現地を調査し、どの地域は安全であるということを世界に向けて発信していく活動を始めています。今、日本人自ら何ができるのか、何をしなければならないのか力を試されているときです。そこで、本学で震災支援のため活動を行っている学生の様々な取り組みの中から

①直接現地に行って災害ボランテイア活動を行う

②現地へ出向き支援活動を行っている団体を支援する

③被災地の方を勇気づけるための活動をする

という3つの事例を紹介し、支援を行う方法は様々な切り口があるということを認識していただきました。

発表の中で一番印象に残った言葉は、「東南海・南海地震で1人も犠牲者を出さないことが、被災地の方に報いる事だ」ということでした。


会場には、被災地のために何かできないか、人のために何か役に立ちたいという学生・教職員約80名が参加し、熱心に聞き入りました。

東日本大震災活動報告会を開催しました 東日本大震災活動報告会を開催しました

前の記事へ

次の記事へ