和歌山大学は生涯あなたの人生を応援します。

山本学長メッセージ
『和歌山大学2013~15年行動宣言』の公表にあたって
教養の森
教育学生支援機構
地域創造支援機構
和歌山大学教育サポートシステム(Live Campus)
システム工学部学科再編
教員免許状更新講習 教職大学院

入学希望者のみなさま

在学生・保護者のみなさま

卒業生のみなさま

企業・研究者のみなさま

社会人・地域のみなさま

ホーム >  ノッています!和歌山大学一覧 >  【学長メッセージ】読売新聞に掲載

【学長メッセージ】読売新聞に掲載

mixiチェック

2011/01/03

読売新聞1月3日(月)朝刊の各界各氏メッセージ特集「新春随想」に山本健慈学長のメッセージが掲載されました。

<メッセージ全文>
新年明けましておめでとうございます。
和歌山大学では、本年を卯年に相応しい飛躍の年にしたいと考えております。
3月には観光学部が初めての卒業生を送り出します。就職事情の厳しい中、ほぼ全員が旅行・交通業界、金融機関、公務員等への就職を決めることができました。和歌山の地域・企業でのインターンシップで学び成長した彼らは、和歌山のすばらしさを全国に発信してくれるに違いありません。
4月には、ユネスコ世界遺産登録に深く関与され、和歌山県景観審議会会長でもある、まちづくり研究の世界的権威、西村幸夫東京大学教授等外部研究者のご助力も得て、観光学研究科(大学院)を設置いたします。
また5月には、紀州材を使用した観光学部棟が竣工する予定です。
和歌山大学は、和歌山という地域の持続的発展に欠かすことのできない、<農>や<林>にかかわるプロジェクトの可能性を検討し、より一層地域発展に向けての研究と活動に取り組む所存です。
皆様の一層のご支援をお願い申しあげます。