システム工学研究科トップページ

博士前期課程 アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

和歌山大学大学院システム工学研究科博士前期課程のアドミッション・ポリシー

1.教育目的

システム工学は、様々な学問領域が重なった複合領域を対象としており、科学技術相互の関係を解き明かし、調和・融合して新しい領域や次世代科学技術を開拓する研究分野です。このシステム工学を学ぶには、複数の領域を理解しその知識を活用できる能力を養う必要があります。また、システム工学は、これまでも時代の要請や技術の進展にともない、その姿を変えながら広い範囲の問題を解決し、発展してきました。このように時代の要請によって、教育研究対象もダイナミックに変化するところにシステム工学の最大の特徴があります。しかも新しい産業を創出するには、複数の分野を理解し活用できる人材が求められています。こうした社会ニーズに応えるため、システム工学研究科では従来の工学のように狭い専門分野を深く探究するだけでなく、広い視野から時代の要請に応え、それらを解決できる新しいタイプの研究者や技術者を養成します。

2.求める学生像

大学院博士前期課程では学部課程よりも専門性を高めた教育を行います。大学院入学にあたってはその教育を受ける準備が整っていることが前提となりますので、各専門領域の基礎的な知識を体系的に修得していることが必要です。加えて、当該専門の周辺領域に関する知見も持ち合わせていることが望ましいです。

システム工学研究科(博士前期課程)の求める学生像は以下のとおりです。

  1. 研究者や技術者に必要な基礎学力と専門分野の知識を体系的に修得し、様々な現象を科学的に理解できる人
  2. 問題解決に必要な論理的思考力、分析力、説明能力を修得している人
  3. グローバル社会におけるコミュニケーションの基本的能力を修得している人

3.入学者選抜の基本方針

  1. 一般選抜入試では、筆記試験、TOEIC/TOEFLのスコア、書類審査と、面接により、志望研究分野に関する学問的基礎知識や、学修意欲・研究の構想・修了後の希望進路を含む進学の目的意識等を評価し、入学者を選抜します。
  2. 学部3年次学生を対象とする特別選抜入試では、書類審査と、面接により、志望研究課題に関する学問的基礎知識や、学修意欲・研究の構想・修了後の希望進路を含む進学の目的意識等を評価して、入学者を選抜します。
  3. 社会人特別選抜入試では、書類審査と、面接により、社会で培ったキャリアや、志望研究課題に関する学問的基礎知識、学修意欲・研究の構想・修了後の希望進路を含む進学の目的意識等を評価して、入学者を選抜します。
  4. 外国人留学生特別選抜入試では、書類審査と、面接により、日本語によるコミュニケーション能力や、志望研究課題に関する学問的基礎知識、学修意欲・研究の構想・修了後の希望進路を含む進学の目的意識等を評価して、入学者を選抜します。