訪問者別リンク

採用・公募情報

先輩職員の声

学生支援課 小山 拓哉 (平成28年4月採用)

こやまさん

1.現在はどんなお仕事をされていますか?

 主に入学料、授業料の免除に関する業務や、調査、統計、諸報告業務を担当しています。その他にも、学生支援課で「なんでも相談」窓口を設けており、学生からのあらゆる相談等に対応しています。また、大学構内で事故が起こった際等には現場に駆けつけ、対応に当たることもあります。

2.仕事で印象に残っている出来事はありますか?

 第56回近畿地区国立大学体育大会ラグビー競技の運営を、ラグビー部と協力し行ったことです。近畿地区の国立大学によるトーナメント戦で、運営に際しては選手の安全確保を第一に、スムーズな運営を心がけていましたが、なかなか予定通りに物事が進まず、関係各所との調整に奔走しました。スポーツの大会運営という慣れない仕事に戸惑いがありましたが、真摯に試合に取り組む選手の姿勢に感銘を受けながら、充実した時間を送ることができました。

3.仕事をする上で、大切にしているポイントを教えてください。

 学生や一般の方の対応にあたることが多い部署なので、常に相手の目線に立つことを心がけています。また過剰にサービスを提供するのではなく、可能な限り学生の主体性を尊重し、和歌山大学の学生が自立し、社会で活躍するための手助けになることができればいいなと考えながら仕事に取り組んでいます。

こやまさん2

4.和歌山大学のいいところはどのようなところですか?

 小さな大学なので、さまざまな部署とつながりを持つことができるところです。職員間でサッカーや野球、バドミントン等をしており、世代や部署に関係なく、色々な方とコミュニケーションをとることができます。
また、年齢に関係なく責任ある仕事を任せていただけるので、やりがいを持って仕事に臨むことができます。

5.今後の抱負を聞かせてください。

 さまざまな部署を経験し、柔軟な対応力を身につけたいと考えています。まだ経験の浅い私にとっては日々起こる全ての出来事が新鮮な経験となっているので、それらの経験を無駄にしないよう、日々研鑽を重ねたいと思います。

こやまさん3

6.和歌山大学の職員を目指すみなさんへのメッセージをお願いします。

 若い力、フレッシュな思考で一緒に和歌山大学をより良い大学にしていきましょう!

このページの先頭へ