girls共通ヘッダー

デザイン情報学科 今村美聡さん2016年3月作成

ソフトウェアコンテスト『OGIS-RI Software Challenge Award 2015』に2つの研究室から構成された(4年生)チームで参加。「雨音傘」という作品を発表し、みごと優勝しました。制作にあたっての様子や、学生生活について聞いてみました。
2016年4月からは、和歌山大学大学院システム工学研究科に進学され、研究活動を続けられます。

2014年4月 第3年次編入学(デザイン情報学科)
所属研究室:コミュニケーションデザイン研究室

 

ソフトウェア『OGIS-RI Software Challenge Award 2015』で「雨音傘」を制作するにあたって工夫した点、苦労したことなど教えてください。

発想段階ではなかなか良い案が出ずに苦労しましたが、最後にたどり着いた雨音傘はとてもよいアイデアだと思います。発想から傘の作成まで、メンバーと協力して行いました。私は特に、提出する企画書や当日の発表スライドで使用する、図解やイラストの作成を担当しました。資料のイラストは、ぱっと目を引くように、また魅力や機能が伝わりやすいようにしようと工夫して、評価されたのがうれしかったです。

卒論の研究を教えてください。

人の身体感覚を体験することを目的としたシステムをつくりました。画面を鏡に見立てて、自分の動きに合わせて、他者の体が連動して動きます。人の身体をスキャンして、それをほかの人の動きに連動した映像を、リアルタイムに画面に反映することで実現しています

工学部は女子が少ないという印象がありますが、不安などありませんでしたか?

高専も女性は少なかったので、あまり環境は変わりませんでした。女性が少ないというよりは、編入生という途中から入っていく立場で、友達ができるかが心配でした。実際に編入したら、同じ編入生同士や、研究室の同期を中心に友達をつくることができました。

印象に残っている講義や実習を教えてください。

3年生前期のインテリアデザイン論という授業です。名前の通り、一軒の家の内装をデザインして、プレゼンする授業でした。デザインの授業を受けることが初めてで、内容がとても興味を引かれるものでした。実習では、住む人の生活スタイルを考えたり、つくったものを魅力的に伝える資料を考えたり、今まで考えたことのない視点を知ることができました。

これからの目標や、挑戦してみたいことなど教えてください。

アイデアが実物になっていく過程が楽しかったので、別のコンペにも参加してみたいです。

後輩(理系女子)に向けてメッセージをお願いします。

男女関係なく、ものをつくることは楽しいです。理系ならではの学校生活を楽しみましょう!

 

前のページに戻る