システム工学研究科トップページ

池崎 愛菜さん

2017池崎愛菜さん

  • 池崎 愛菜さん
  • 物理工学クラスタ
  • 2016年3月 飛び級による進学のため中途退学(光メカトロニクス学科)
  • インタビュー:2017年3月

 私は、光を用いた3次元計測についての研究を行っており、大学院へは学部3年次学生を対象とする特別選抜(飛び級)により進学しました。飛び級で大学院へ入学した主な理由としては、他の人よりもより早く研究に取り組みたいと思ったからです。私は学部のときにクリエの災害用ロボットの製作を行うレスキューロボットプロジェクトに所属しており、かねてから工学の知識を活かして人の命に貢献したいという思いがありました。そこで少しでも医療分野に関連した研究をやりたいという漠然とした目標のもと、癌の早期発見にも応用できる現在の研究テーマを選びました。今までの勉強とは違い研究は行き詰ったときでも明確な答えがないので、先行研究の調査や研究室の先輩との議論を通じて自分なりに考察しながら研究に打ち込んでいます。

 大学院の講義としては学部時代よりもより専門性の高いものが多く、自分の研究に活かすことのできる知識の種がたくさん散らばっています。特に私が所属している研究室は光波を利用した計測や記録などの情報処理技術に関する研究を行っているので、「光情報工学」や「パターン認識特論」は特に印象に残っています。飛び級で大学院へ入学したので研究に割く時間は限られていますが、その分無駄な時間を過ごさずより密な大学院生活を送ることができていると思います。