システム工学研究科トップページ

横谷 晟人さん

2017横谷晟人さん

  • 横谷 晟人さん
  • コミュニケーション科学クラスタ
  • 情報通信システム学科2016年3月卒業
  • インタビュー:2017年3月

 私は、「せっかく理系として大学に進学したからには、できるだけ高度で専門的な知識をつけてから社会に出ないともったいない」といった考えを学部入学当初から持っていました。実際に学部で3年間過ごしましたが、学部のみではやはり経験や知識が不十分だと感じ、大学院への進学を決めました。

 私は、所属する吉廣研究室で、大量のセンサ端末を環境中に配置してデータを取集・利活用する「無線センサネットワーク」というIoT技術の要ともなり得る技術を、企業や行政が社会インフラとしてより扱いやすいように省電力化・長寿命化するための研究を行っています。大学院では、学部4年生時に比べて、研究にかける時間が増え内容も高度になりますので、各地の学会発表に参加し、学外の研究者や同じような分野の研究に携わっている学生と議論を交わすといった経験も積むことができます。

 また、大学院では専門が異なる(異なるクラスタの)人達とグループを組んで、与えられた課題に取り組んで成果を発表する形式の講義や、受講者全員で論文に対して輪講を行う講義など、学部と比べ、より積極的に参加しないと良い点が取れないような講義が多いと感じました。

 学部で授業を日々受けるだけの状況に満足できない、もっと高度な知識や経験を得たいという人は大学院に進学することをお勧めします。