システム工学研究科トップページ

箕土路 拓也さん

2019箕土路 拓也さん

  • 箕土路 拓也さん
  • 先進情報処理メカトロニクスクラスタ
  • 光メカトロニクス学科2018年3月卒業
  • インタビュー:2019年3月

 私は、大学への入学時には、大学院への進学は考えていませんでした。しかし、3年生になって研究室への配属が始まり、本格的な研究というものに触れました。そして自分の研究に興味を覚え、それを続けたい気持ちが強くなったため大学院進学を決めました。

 私の研究テーマは柔軟構造物の振動制御です。主にマス・ばね・ダンパ系とよばれるシステムを対象に扱っています。構造物(システム)の振動は波の重ね合わせであり、その反射波を打ち消す制御力を実現することにより構造物の振動を抑えることが出来ます。私が所属する長瀬研の研究テーマは理論系のモノが多く、紙とペン、シミュレーションソフトだけで研究が可能です。そのため、スケジュール管理さえしっかりすれば、理論の構築・展開などは学外でも行うことができます。

 大学院の講義では、システム工学講究(大ゼミ)が印象に残っています。研究室単位のゼミとは異なり、専門の異なる教員・学生が集まって研究進捗の報告を行います。通常のゼミと異なり他分野の人に説明を行うので、相手が聞いて分かりやすいように、発表の流れや用語の説明に注意を払う必要があります。一方で、身内の議論だけでは得られない貴重な意見をもらうことができます。