訪問者別リンク

訪問者別

ハラスメント防止のために

本学では、すべての構成員が豊かなキャンパス・ライフを送ることができるように「和歌山大学ハラスメントの防止等に関する規程」を制定し、ハラスメントの防止等に取り組んでいます。

ハラスメントとは何?

セクシュアル・ハラスメント

教員や上級生・先輩など目上の異性による言葉や行動に、不快感を抱きながらも、上下関係などのために、やめるよう言い出せず、学習や研究・仕事、また、クラブ・サークル活動が続けにくくなるのがセクシュアル・ハラスメント(セクハラ)です。セクハラの意識がある場合は勿論、セクハラの意識がなくても、言葉や行動で相手を不快にさせれば、セクハラになります。目上の異性が交際や性的関係を迫ってくる場合だけとは限りません。また、同級生どうしや同性どうしのあいだや、目下からも起こることがあり、まれに女性から男性へのセクハラもあります。

その他のハラスメント

セクシュアル・ハラスメントにはあたりませんが、就業又は就学の場で「指導」、「教育」または「研究」の名を借りて、嫌がらせや差別をしたり、人格を傷つけること(アカデミック・ハラスメント(アカハラ))等があります。

セクシュアル・ハラスメントもアカデミック・ハラスメントも、教員と学生の間だけではなく、サークルやゼミの先輩と後輩、同級生同士であっても許されません。

このページのトップへ

どんなハラスメントがありますか

キャンパスではどんなハラスメントがありますか?

セクシュアル・ハラスメント

大学でのセクシュアル・ハラスメントでもっとも多いのは加害者が教職員、被害者が学生というケースです。また、クラブ・サークルの男子上級生から女子下級生に対するセクハラが多いという調査結果があります。

大学で「学習」「課外活動」「教育・研究」「仕事」をしようと思っているのに、セクハラによって断念させられてしまうケースもあります。だれもが平等に楽しく活動できるキャンパスを作るためにも、セクハラ行為をしたり許したりする気持ちをなくしましょう。

具体例としては、

  • 目上の立場を利用して、しつこくデートに誘ったり、交際を申し込む。
  • 指導と称して、不必要に身体に触る。
  • 飲み会の席上、目上の立場を利用して、いつも異性を自分の隣に座らせ、酒の酌をさせる。
  • 講義・仕事・課外活動中、たびたび「卑猥な冗談」「固定的な性別役割意識に基づく言葉」「肉体的な外観、性行動、性的好みに関する不適切な言葉」などを言い、聞いた者を不愉快な気持ちにさせる。
  • 女性にだけお茶くみや掃除をするよう言う。
  • 研究室・職場・部室にヌードポスターを貼って、見た者を不愉快な気持ちにさせる。

などがあります。

その他のハラスメント

アカデミック・ハラスメント

就学・就業の場で「指導」、「教育」または「研究」の名を借りて、嫌がらせや差別をしたり、人格を傷つけることです。

具体例としては、

  • 相手によって差別したり、必要以上に厳しく指導したりする。
  • 「おまえはやっぱりダメだ」と全てを否定する言い方を繰り返す。
  • 指導の際に「大学をやめろ」とか、「卒業させない」と言う。
  • 男性又は女性であることに対して差別的言動や処遇をしたり、指導を放棄したりする。

などがあります。

このページのトップへ

ハラスメントを受けたら

ハラスメントを受けたらどうすればいいのでしょうか?

黙っていれば、いつか自然にハラスメントがなくなると思うのは危険です。我慢していては解決しないどころか、ハラスメントがエスカレートする危険があるので、我慢したり、ひとりで悩んだりせず、まず、信頼できる教職員や友人などに相談しましょう。ハラスメントに関する相談を専門に受け、プライバシーの保護が義務づけられている相談員が学内にいます。また、全教職員に秘密を厳守の上相談員に連絡する義務を課しています。自分自身に全く落ち度がないという意識を強く持って、被害のなかったときの、普通の生活に戻すためにも相談する勇気を持ちましょう。ハラスメントを見聞きしたり、被害者から相談を受けたりしたときには、信頼できる教職員か相談員に相談する気持ちになるように助言してください。ハラスメントを見たものの、加害者や被害者に話しにくい場合もあるでしょう。そのときには、問題が深刻にならないためにも、また、和歌山大学からハラスメントをなくすためにも、相談員に報告してください。

このページのトップへ

解決までの道のり

解決までの道のりはどうなっていますか?

最初に相談員に、どんな事実があって、どんな気持ちになったのかを話します。相談員は相談されたことについてだけ助言し、「それはあなたの思い過ごしだ」「あなたは神経質になっている」などと相談者を責める発言は決してしません。次にどうしてほしいかを考え、相談員に伝えます。

  1. 相談員に話を聞いてもらうだけでいい
  2. 謝罪はいいから、すぐにでもハラスメントをやめてほしい
  3. ハラスメントを認め、謝罪したうえでハラスメントをやめてほしい
  4. 事実を調査したうえで、加害者を処分してほしい、など

相談者それぞれに希望することは違います。希望を率直に相談員に伝えましょう。

加害者と言われたり、うわさされたりした場合も、ひとりで悩まず、信頼できる教員や友人に相談することを勧めますが、名誉・人権にかかわるので、問題が深刻にならないうちに、秘密の厳守が義務づけられている相談員に相談しましょう。

和歌山大学では防止委員会があり、ハラスメントに関するさまざまな仕事を担当していますが、そのひとつに相談者から調査の依頼があった場合、調査委員会に調査させ、その調査結果によって適正な措置をとる仕事があります。また、調査委員会は公正な立場で事実関係を調査します。相談員を含め、いずれもプライバシーを保護する義務が課せられています。
ハラスメントに関する相談、当該相談に係る調査への協力、その他ハラスメントに関する正当な対応をした教職員及び関係者に対し、そのことをもって不利益な取扱いは行いません。

このページのトップへ

相談員名簿

相談員名簿

所属職名氏名電話番号メールアドレス
教育学部 准教授 西山 尚志 073-457-7333 h2480@center.wakayama-u.ac.jp
准教授 西倉 実季 073-457-7297 mnishiku@center.wakayama-u.ac.jp
経済学部 准教授 高見 直樹

073-457-7700

ntakami@center.wakayama-u.ac.jp
准教授 金川めぐみ 073-457-7790 megumi@eco.wakayama-u.ac.jp
システム工学部 教 授 松本 正行 073-457-8154 mmatsu@sys.wakayama-u.ac.jp
教 授 宮川 智子 073-457-8327 miyagawa@sys.wakayama-u.ac.jp
観光学部 教 授 大井 達雄 073-457-8557 oitatsuo@center.wakayama-u.ac.jp
教 授 吉田 道代 073-457-8561 gemy@center.wakayama-u.ac.jp
附属小学校 養護教諭 森本 孝子 073-422-6105 wtk8486@center.wakayama-u.ac.jp
附属中学校 教 諭 川嶋 径代 073-422-3093 michi624@center.wakayama-u.ac.jp
附属特別支援学校 教 諭 辻本佐和美   073-444-1080 oosiro@center.wakayama-u.ac.jp
保健センター 看護師 池田 温子 073-457-7965 haruko@center.wakayama-u.ac.jp
総務課 総務係長 辻野 利明 073-457-7007 tujino@center.wakayama-u.ac.jp

学務課

教育推進係長   妻木 康子 073-457-7130 kakiuchi@center.wakayama-u.ac.jp

このページのトップへ

教職員等が認識すべき指針

ハラスメントの防止等のために和歌山大学教職員等が認識すべき事項についての指針

第1 ハラスメントを行わないために教職員等が認識すべき事項

1 意識の重要性
ハラスメントをしないようにするために,教職員等は他の教職員等及び関係者と接するに当たり次の事項の重要性について十分認識しなければならない。
(1)お互いの人格を尊重しあうこと
(2)お互いが大切なパートナーであるという認識を持つこと
(3)相手を性的な関心の対象としてのみ見る意識をなくすこと
(4)異性を劣った性として見る意識をなくすこと

2 基本的な心構え
教職員等は,ハラスメントに関する次の事項について十分認識しなければならない。
(1)性に関する言動に対する受け止め方には個人間や男女間,その人物の立場等により差があり,ハラスメントに当たるか否かについては,相手の判断が重要であること。
具体的には,次の点について注意する必要がある。
①親しさを表すつもりの言動であったとしても,本人の意図とは関係なく相手を不快にさせてしまう場合があること
②不快に感じるか否かには個人差があること
③この程度のことは相手も許容するだろうという勝手な憶測をしないこと
④相手との良好な人間関係ができていると勝手に思いこみをしないこと
(2)相手が拒否し,又は嫌がっていることが分かった場合には,同じ言動を決して繰り返さないこと。
(3)ハラスメントであるか否かについて,相手からいつも意思表示があるとは限らないこと。
ハラスメントを受けた者が,上司等との人間関係を考え,拒否することができないなど,相手からいつも明確な意思表示があるとは限らず,拒否の意思表明ができないことも少なくないが,それを同意・合意と勘違いしてはならない。
(4)勤務時間内又は職場内におけるハラスメントにだけ注意するのでは不十分であること。例えば,職場の人間関係がそのまま持続する歓迎会の酒席等の場において,教職員等が他の教職員等にハラスメントを行うことについても同様に注意しなければならない。

3 セクシュアル・ハラスメントになり得る言動
セクシュアル・ハラスメントになり得る言動として,例えば,次のようなものがある。
(1)職場内外で起きやすいもの
①性的な内容の発言関係
○ 性的な関心,欲求に基づくもの

  • スリーサイズを聞くなど身体的特徴を話題にすること
  • 聞くに耐えない卑猥な冗談を交わすこと
  • 体調が悪そうな女性に「今日は生理日か」,「もう更年期か」などと言うこと
  • 性的な経験や性生活について質問すること
  • 性的な風評を流したり,性的なからかいの対象とすること

○ 性別により差別しようという意識等に基づくもの

  • 「男のくせに根性がない」,「女には仕事を任せられない」,「女性は職場の花でありさえすれ ばいい」,「女は学問などしなくてもよい」などと発言すること
  • 成人に対して,「男の子」,「女の子」,「僕,坊や,お嬢さん」,「おじさん,おばさん」,などと人  格を認めないような呼び方をすること

② 性的な行動関係
○ 性的な関心,欲求に基づくもの

  • ヌードポスター等を職場に貼ること
  • 雑誌等の卑猥な写真・記事等をわざと見せたり,読んだりすること
  • 職場のパソコンのディスプレイに卑猥な画像を表示すること
  • 身体を執拗に眺め回すこと
  • 食事やデートにしつこく誘うこと
  • 性的な内容の電話をかけたり,性的な内容の手紙,Eメールを送りつけること
  • 不必要な個人指導を行うこと
  • 浴室や更衣室等をのぞき見すること

○ 性別により差別しようとする意識等に基づくもの

  • 女性であるというだけでお茶くみ,掃除,私用等を強要すること
  • 女性であるということだけの理由で仕事や研究上の実績等を不当に低く評価すること

(2) 主に職場外において起こること
○ 性的な関心,欲求に基づくもの

  • 性的な関係を強要すること
  • 職場の旅行の宴会の際に浴衣に着替えることを強要すること
  • 出張への同行を強要したり,出張先で不必要に自室に呼ぶこと
  • 自宅までの送迎を強要すること
  • 住居等まで付け回すこと

○ 性別により差別しようとする意識等に基づくもの

  • カラオケでのデュエットを強要すること
  • 酒席で,上司等のそばに座席を指定したり,お酌やチークダンス等を強要すること

4 その他のハラスメントになり得る言動
セクシュアル・ハラスメントにはあたらないが,一定の就業及び就学上の関係にある教職員等が行う,他の教職員等,学生等及び関係者の意に反する不適切な言動として,例えば,次のようなものがある。
(1)性別,年齢,出身,心身の障害及び傷病,容姿,性格等の個人的な属性を理由に,就学・就業 上の機会,条件,評価等で相手を差別したり,排除したりすること。
(2)私的な,若しくは一方的な要求への服従又は拒否を,教育上若しくは研究上の指導及び評価, 並びに学業成績等に反映させること。
(3)私的な,若しくは一方的な要求への服従又は拒否を,人事又は労働条件の決定,並びに業務指揮等に反映させること。
(4)教育上若しくは研究上の指導及び評価,又は利益,不利益の与奪等を条件として,相手に私的な,若しくは一方的な働きかけを行うこと。
(5)人事権若しくは業務指揮権の行使,又は利益,不利益の与奪等を条件として,相手に私的な,若しくは一方的な働きかけを行うこと。
(6)個人的な好悪の感情を,相手に対する教育若しくは職務の遂行に混交させること。
(7)指導に従わない相手に暴言を吐いたり,意図的に無視したり,暴力的な行為に及ぶ等,相手の人格若しくは身体を傷つける行為を行うこと。
(8)相手の意に反する行為を執拗に誘ったり,一定の行為を繰り返し強要したりすること。
(9)相手が不快感を表明しているにもかかわらず,その場からの離脱を妨害すること。
(10)相手を困らせるために,意図的に事実無根の噂を流すこと。
5 懲戒処分
ハラスメントの態様等によっては信用失墜行為,本学教職員等たるにふさわしくない非行等に該当して,懲戒処分に付されることがあることを十分認識すること。

第2 就業及び就学上の適正な環境を確保するために認識すべき事項
就業及び就学上の環境は,教職員等及び関係者の協力の下に形成される部分が大きいことから,ハラスメントにより就業及び就学上の環境が害されることを防ぐため,教職員等は,次の事項について積極的に意を用いるように努めなければならない。

1 ハラスメントについて問題提起をする教職員等及び関係者をいわゆるトラブルメーカーと見たり,ハラスメントに関する問題を当事者間の個人的な問題として片づけないこと。ミーティングを活用することなどにより解決することができる問題については,問題提起を契機として,就業上の適正な環境の確保のために皆で取り組むことを日頃から心がけることが必要である。
2 ハラスメントに関する問題の加害者や被害者を出さないようにするために,周囲に対する気配りをし,必要な行動をとること。
具体的には,次の事項について十分留意して必要な行動をとる必要がある。
(1)ハラスメントが見受けられる場合は,注意を促すこと。
ハラスメントを契機として,就業及び就学上の環境に重大な悪影響が生じたりしないうちに,機会をとらえて注意を促すなどの対応をとることが必要である。
(2)被害を受けていることを見聞きした場合には,声をかけて相談に乗ること。
被害者は「恥ずかしい」,「トラブルメーカーとのレッテルを貼られたくない」,「仕返しが怖い」などの考えから,他の人に対する相談をためらうことがある。被害を深刻にしないように,気が付いたことがあれば,声をかけて気軽に相談に乗ることが大切である。
3 職場等においてハラスメントがある場合には,第三者として,気持ちよく就業及び就学ができるよう環境づくりをするために上司等に相談するなどの方法をとることをためらわないこと。

第3 ハラスメントに起因する問題が生じた場合において教職員等に望まれる事項
1 基本的な心構え
教職員等は,ハラスメントを受けた場合にその被害を深刻にしないために,次の事項について認識しておくことが望まれる。
(1)一人で我慢しているだけでは,問題は解決しないこと。
ハラスメントを無視したり,受け流したりしているだけでは,必ずしも状況は改善されないということをまず認識することが大切である。
(2)ハラスメントに対する行動をためらわないこと。
「トラブルメーカーというレッテルを貼られたくない」,「恥ずかしい」などと考えがちだが,被害を深刻なものにしない,他に被害者をつくらない,さらにはハラスメントをなくすことは自分だけの問題ではなく就業及び就学上適正な環境の形成に重要であるとの考えに立って,勇気を出して行動することが求められる。
2 ハラスメントの被害を受けたと思うときに望まれる対応
教職員等はハラスメントを受けた場合,次のような行動をとるよう努めることが望まれる。
(1)嫌なことは相手に対して明確に意志表示をすること。
ハラスメントに対しては毅然とした態度をとること,すなわち,はっきりと自分の意思を相手に伝えることが重要である。しかし,背景に上下関係等が存在する場合には直接相手に言いにくい場合が考えられ,そうした場合には手紙等の手段をとるという方法もある。
(2)信頼できる人に相談すること。
まず,同僚や友人等身近な信頼できる人に相談することが大切である。そこで解決することが困難な場合には,内部又は外部の相談機関に相談する方法を考える。なお,相談するに当たっては,ハラスメントが発生した日時・内容等について記録したり,第三者の証言を得ておくことが望ましい。
3 ハラスメントの被害についての相談を受けた場合またはハラスメントに気付いた場合に望まれる対応
(1)自分で解決しようとせず、相談内容または気付いた事について正確に相談員に伝える。
その際知り得た内容について、その他の者には言わない。

このページの先頭へ