訪問者別リンク

大学紹介

ハラスメント防止のために

 本学では、すべての構成員が豊かなキャンパス・ライフを送ることができるように「和歌山大学ハラスメントの防止等に関する規程」を制定し、ハラスメントの防止等に取り組んでいます。

ハラスメントとは

 ハラスメントとは、行為者本人の意識の有無に関わらず、相手を不快にさせたり、自身の尊厳を傷つけられたと感じたりさせる発言や行動のことです。人間としての尊厳を侵害する行為であり、人に対する思いやりと敬意を欠いた行為です。
 ハラスメントの中には、セクシュアルハラスメント、アカデミックハラスメント、パワーハラスメントが主なものであり、その他、妊娠、出産、育児又は介護に関するハラスメント等色々なハラスメントがあります。

セクシュアルハラスメント

 相手の意に反して相手に不利益や不快感を与える性的な人権侵害の言動

アカデミックハラスメント

 教育研究上の優越的地位を利用して、相手の教育研究上の利益や権利を侵害する人権侵害の言動

パワーハラスメント

 職務上の地位や人間関係の優位性を利用し、適正範囲を超えて注意指導するなどして、相手に不利益や不快感を与える人権侵害の言動

このページのトップへ

ハラスメントを受けたら

ハラスメントを受けたらどうすればいいのでしょうか?

 黙っていれば、いつか自然にハラスメントがなくなると思うのは危険です。我慢していては解決しないどころか、ハラスメントがエスカレートする危険があるので、我慢したり、ひとりで悩んだりせず、信頼できる教職員や友人などに相談しましょう。そこで解決が難しい場合、大学の問題として取り上げてもらいたいときには、学内の相談員に相談しましょう。自分自身に落ち度がないという意識を強く持って、被害のなかったときの普通の生活に戻すためにも相談する勇気を持ちましょう。ハラスメントを見聞きしたり、被害者から相談を受けたりしたときには、信頼できる教職員か相談員に相談する気持ちになるように助言してください。ハラスメントを見たものの、加害者や被害者に話しにくい場合もあるでしょう。そのときには、問題が深刻にならないためにも、また、和歌山大学からハラスメントをなくすためにも相談員に報告してください。

解決までの道のりはどうなっていますか?

 以下の相談員名簿に記載された相談員に連絡してください。(相談窓口担当者に連絡した場合は、相談員に繋いでくれます。)相談員にどんな事実があって、どんな気持ちになったのかを話します。相談員は相談されたことについてだけ助言し、「それはあなたの思い過ごしだ」「あなたは神経質になっている」などと相談者を責める発言は決してしません。
次にどうしてほしいかを考え、相談員に伝えます。

(参考例)
1.相談員に話をきいてもらうだけでいい
2.相手方に対し、ハラスメントを受けたことを通知し、すぐにハラスメントをやめてほしい[通知]
3.相手方との話し合いによる合意により解決したい[調停]
4.その状態を改善するための強制的な措置(処分、謝罪等)を求める[措置]

 

 相談者それぞれに希望することは違います。希望を率直に相談員に伝えましょう。
学生間のハラスメントに関する相談は、和歌山大学学生なんでも相談室にご連絡ください。

 相談員に相談した内容は、防止・対策委員会に報告されます。報告された内容は、防止・対策委員会で確認します。相談者が防止・対策委員会に「調停」、「通知」、「措置」を希望される場合、『ハラスメント苦情申し立て書』を相談された相談員へ提出してください。「調停」、「通知」、「措置」の説明は、以下のとおりです。
また、「調停」、「通知」、「措置」を希望されない場合の報告された内容は、今後の防止対策に役立てます。
相談員を含め、いずれもプライバシーを保護する義務が課せられており、ハラスメントに関する相談、当該相談に係る調査への協力、その他ハラスメントに関する正当な対応をした教職員及び関係者に対し、そのことをもって不利益な取扱いは行いません。

(1)調停
 「調停」とは、調停委員立会いのもとハラスメントに起因する問題を当事者双方で話し合いをして解決する手続きのことです。
「調停」の申請に基づき、ハラスメント防止・対策委員会が開始又は不開始の判断を行います。開始した場合、ハラスメント防止・対策委員会では、調査委員会を設置し、その委員から2名が調停委員として双方の話し合いに立会います。調停が成立したときは、ハラスメント防止・対策委員会は、合意文書を作成します。
当事者は、調停に際して付添人(大学等以外の者も可)を1人付けることができます。この場合、事前に調査委員会に付添人の情報を届出てください。
調停委員は、調査委員のうち2名が委員となります。

(2)通知
 「通知」とは、ハラスメント防止・対策委員会から相手方に対する通知文書を交付し、相手方に配慮のお願いをすることです。
「通知」の申請に基づき、ハラスメント防止・対策委員会では、実施又は不実施の判断を行います。実施となった場合、相手方に通知する際、相談者を匿名として通知することもできます。
「通知」は、ハラスメントの事実確認を行うわけではありません。したがって相手方の当該言動がハラスメントに該当するかどうかの判断は行わず、少なくとも相談者が当該言動によって傷ついたという事実を相手方に通知し、注意喚起や配慮をお願いするという制度です。

(3)措置
 「措置」の申立てとは、被害者が加害者に対する処分などの措置をとるように求める手続きのことです。
「措置」の申立てに基づき、ハラスメント防止・対策委員会が調査の必要があると判断した場合には、調査委員会を設置します。調査委員会が、当事者双方、関係者等から聞取り調査等を実施し、事実関係の確認を行いハラスメント防止・対策委員会へ報告します。
ハラスメント防止・対策委員会は、報告に基づきハラスメントの認定か否かを審議します。その結果を当事者双方に通知いたします。また、必要に応じて関係部局等に対して環境整備等の勧告を行います。
認定されたハラスメントの程度にもよりますが、加害者は懲戒処分の対象となります。

このページのトップへ

ハラスメント.jpg

 

相談員名簿等

相談員名簿

(令和元年7月1日現在)

所属職名氏名電話番号メールアドレス
教育学部 准教授 北山 秀隆 073-457-7340 hkitayam[at]wakayama-u.ac.jp
准教授 則定 百合子 073-457-7257 norisada[at]wakayama-u.ac.jp
経済学部 准教授 高見 直樹

073-457-7700

ntakami[at]wakayama-u.ac.jp
准教授 金川めぐみ 073-457-7790 kanamegu[at]wakayama-u.ac.jp
システム工学部 教 授 松本 正行 073-457-8154 mmatsu[at]wakayama-u.ac.jp
教 授 矢嶋 摂子 073-457-8248 yajima[at]wakayama-u.ac.jp
観光学部 准教授 竹林 浩志 073-457-8565 chiku[at]wakayama-u.ac.jp
教 授 吉田 道代 073-457-8561 gemy[at]wakayama-u.ac.jp
附属小学校 養護教諭 森本 孝子 073-422-6105 wtk8486[at]wakayama-u.ac.jp
附属中学校 教 諭 川嶋 径代 073-422-3093 michi624[at]wakayama-u.ac.jp
附属特別支援学校 教 諭 辻本佐和美   073-444-1080 oosiro[at]wakayama-u.ac.jp
保健センター 保健師 西谷 崇 073-457-7965 ntakashi[at]wakayama-u.ac.jp
国際交流課 留学生支援係長 辻野 利明 073-457-7524 tujino[at]wakayama-u.ac.jp

学務課

キャリア支援係長   妻木 康子 073-457-7105 kakiuchi[at]wakayama-u.ac.jp

※メール送信される場合は[at]を@にしてください。

ハラスメント相談窓口担当者

(令和元年7月1日現在)

相談窓口窓口担当者電話番号メールアドレス
役職氏名
事務局 総務課副課長 稲垣 みよこ 073-457-7007 miyoko[at]wakayama-u.ac.jp
学生支援課副課長 西川 博紀 073-457-7121 nisikawa[at]wakayama-u.ac.jp
教育学部 学部支援室教育学部分室長

髙橋 正美

073-457-7202

masami[at]wakayama-u.ac.jp
経済学部 学部支援室経済学部分室長 長谷 浩

073-457-7607

hase[at]wakayama-u.ac.jp
システム工学部 学部支援室システム工学部分室長 三浦 琢磨

073-457-8003

miura[at]wakayama-u.ac.jp
観光学部 学部支援室観光学部分室長 髙橋 眞紀子

073-457-8550

yuuta[at]wakayama-u.ac.jp
図書館 学術情報課副課長 藤井 亜希子

073-457-7903

fujii[at]wakayama-u.ac.jp
保健センター 保健センター保健師 西谷 崇 073-457-7965 ntakashi[at]wakayama-u.ac.jp
保健センター保健師 岡本 千穂 cokamoto[at]wakayama-u.ac.jp

※メール送信される場合は[at]を@にしてください。

学生なんでも相談室(学生間のハラスメント相談)

 電話 073-457-7121
 Eメール sodan[at]ml.wakayama-u.ac.jp
 相談受付時間 平日の9:00~17:15

このページのトップへ

規程及び指針

このページのトップへ

加害者にならないために

 誰もがハラスメントの加害者になる可能性があることを踏まえて、加害者にならないために以下の点について、日頃から意識を持ちましょう。

  ①自身の地位や影響力を意識して行動する。
  ②相手が誤解するなら、それは説明不足と考え改める。
  ③厳しい言葉を発する場合には、感情を抑えてから行う。
  ④恋愛感情やスキンシップは学校・職場に不要と認識する。
  ⑤メールや文書については、見直しをしてから発信する。
  ⑥自分の行動が感情に支配されていないか省みる。
  ⑦他者から軽くでも注意されれば直ぐに改める。
  ⑧絶対に暴力的手段を行使しないことを肝に銘じる。
  ⑨固定的なジェンダー意識を学校・職場に持ち込まない。
  ⑩人権意識のアップデートを日々行う。

このページのトップへ

このページの先頭へ