システム工学研究科トップページ

カリキュラム・ポリシー(博士後期課程  ~2019年度入学)

システム工学研究科博士後期課程 教育目的

本研究科は、前期2年、後期3年からなる区分制の博士課程とし、複合分野から問題解決できる、真に産業界が求める人材を養成するため、前期・後期のいずれの課程も「システム工学」の1専攻とし、システム工学の理念を実践するため分野横断的な最新の課題に取り組む複数のクラスタを置き、社会環境の速い変化にも即応できる、ダイナミズムをもった教育研究の実働単位とします。科学技術が種々の個別領域において相当の進歩と発展を遂げた現在、より望ましい社会環境に向けてそれらを生かすためには、個別技術相互の潜在的関係を明らかにし、その相乗効果を高めて適用する技術力が必要となります。システム工学はまさに、この技術力を追求する学問領域であり、その到達すべきところは、より複雑な要因からなる課題とその周辺状況の全体を把握し、目的・目標を的確に設定して、部分問題への展開及び個別解決の再統合ができるような能力の開発です。本研究科博士課程は、このシステム工学の頂点を究め、社会環境の改善と技術立国の推進に資することを目的としています。

カリキュラム・ポリシー

システム工学研究科は、ディプロマ・ポリシーに定めた必要な能力を修得させ、工学の多様な分野でこれまでに生み出されてきた技術を発展させるとともに、それらを融合した新しい領域の工学を開拓し指導的に展開できる人材を育成するために、和歌山大学カリキュラム・ポリシーに基づき、以下の科目により構成されるカリキュラムを編成する。

学修の成果は、次のように評価する。

  1. システム工学特別講究は、レポート、作品、発表、討論、口頭試問などにより評価する。
  2. システム工学研究は、研究業績、研究発表、討論、口頭試問などにより評価する。また、博士論文は、履修手引に記載された審査基準に従って評価する。

 

  1. システム工学特別講究
    専門分野に応じて、国内外の研究開発事例を調査し、自主的に先進的専門知識を獲得して研究に活かす能力を養うために設置する。
  2. システム工学特別研究
    専門分野に応じて、新規性・有用性に優れた研究・開発課題を探索し、妥当な課題解決法を見出し、主体的、先導的に研究・開発を推進する能力、および、課題、手法、結果について専門的な批判に耐える水準で社会に公表する能力を培うために設置する。