システム工学研究科トップページ

カリキュラム・ポリシー(博士前期課程 ~2019年度入学)

システム工学研究科博士前期課程 教育目的

システム工学は、様々な学問領域が重なった複合領域を対象としており、科学技術相互の関係を解き明かし、調和・融合して新しい領域や次世代科学技術を開拓する研究分野です。このシステム工学を学ぶには、複数の領域を理解しその知識を活用できる能力を養う必要があります。また、システム工学は、これまでも時代の要請や技術の進展にともない、その姿を変えながら広い範囲の問題を解決し、発展してきました。このように時代の要請によって、教育研究対象もダイナミックに変化するところにシステム工学の最大の特徴があります。しかも新しい産業を創出するには、複数の分野を理解し活用できる人材が求められています。こうした社会ニーズに応えるため、システム工学研究科では従来の工学のように狭い専門分野を深く探究するだけでなく、広い視野から時代の要請に応え、それらを解決できる新しいタイプの研究者や技術者を養成します。

カリキュラム・ポリシー

システム工学研究科は、和歌山大学大学院のカリキュラム・ポリシーを踏まえ、ディプロマ・ポリシーに定めた必要な能力を修得させ、工学の多様な分野でこれまでに生み出されてきた技術を発展させるとともに、それらを融合した新しい領域の工学の展開を図ることができる人材を育成するために、以下の科目により構成されるカリキュラムを編成する。

学修の成果は、次のように評価する。

  1. 専門科目は、シラバスに記載された到達目標等に応じ、科目の態様に従って、試験、レポート、作品、発表などにより評価する。
  2. システム工学特論は、科目の態様に従って、レポート、作品、発表、討論などにより評価する。
  3. システム工学研究は、履修手引に記載された審査基準に従って、修士論文、研究発表、口頭試問などにより評価する。
  4. 学部専門科目は、学部のカリキュラムポリシーに基づいて評価する。

 

  1. 専門科目
    システム工学の各専門領域および複合領域について、高度な専門的知識や技能の学修のために設置する。自らの主たる専門分野にとらわれずに分野横断的に学修するように履修することを求める。
  2. システム工学特論
    専門的知識に裏付けられた思考や手法、結果、およびそれらの妥当性を専門内外の他者に平易かつ論理的に説明および議論を行う能力を培うために設置する。
  3. システム工学研究
    身につけた専門知識・技能を展開して、国内外の社会や時代、地域の俯瞰的な問題分析と、倫理観をもった自主的な問題解決にあたる能力を培うために設置する。
  4. 学部科目
    複合領域であるシステム工学を展開するにあたり、学部において培った専門性と異なる専門領域の基礎を学修させるために、システム工学部開講の専門科目の履修を認める。