システム工学研究科トップページ

ディプロマ・ポリシー(博士後期課程 2020年度入学)

システム工学研究科博士後期課程 目的及び使命

研究科博士後期課程は、より複雑な要因からなる課題とその周辺状況の全体を把握し、目的・目標を的確に設定して、部分問題への展開及び個別解決の再統合ができるような能力を開発し、システム工学の頂点を究め、社会環境の改善と技術立国の推進に資することを目的とする。
(和歌山大学大学院システム工学研究科規則第1条の2第3項)

ディプロマ・ポリシー

和歌山大学の目的及び使命並びに大学院博士後期課程の学位授与の方針に則り、システム工学研究科の教育目的に基づいて編成した教育課程を通して、次の目標に到達し、博士論文の審査及び試験に合格した学生に博士(工学)の学位を授与する。

  1. 複合的な工学系分野の知識を融合し、現代社会の課題を分析して、より高度で新たな研究分野を開拓できる。
  2. 工学分野における専門的な批判に耐えうる独自性の高い研究手法で現代社会の課題に挑戦することができる。
  3. 高度な研究能力に基づいて、自ら発見した課題、先導的な解決手法及び結論を社会に公表できる。
  4. (システムエンジニアリングコース)
  5. 協働して取り組む研究チームにおいてリーダーシップを発揮できる。
  6. (グローバルエンジニアリングコース)
  7. 自ら働きかけ、海外の研究者と共同して研究に取り組むことができる。