システム工学研究科トップページ

ディプロマ・ポリシー(博士前期課程 ~2019年度入学)

システム工学研究科博士前期課程 教育目的

システム工学は、様々な学問領域が重なった複合領域を対象としており、科学技術相互の関係を解き明かし、調和・融合して新しい領域や次世代科学技術を開拓する研究分野です。このシステム工学を学ぶには、複数の領域を理解しその知識を活用できる能力を養う必要があります。また、システム工学は、これまでも時代の要請や技術の進展にともない、その姿を変えながら広い範囲の問題を解決し、発展してきました。このように時代の要請によって、教育研究対象もダイナミックに変化するところにシステム工学の最大の特徴があります。しかも新しい産業を創出するには、複数の分野を理解し活用できる人材が求められています。こうした社会ニーズに応えるため、システム工学研究科では従来の工学のように狭い専門分野を深く探究するだけでなく、広い視野から時代の要請に応え、それらを解決できる新しいタイプの研究者や技術者を養成します。

ディプロマ・ポリシー

和歌山大学大学院のディプロマ・ポリシーに基づき、システム工学研究科では、以下の能力を修得し、研究科の定める審査を経た者に対して学生に修士(工学)の学位を授与する。

  1. 広範かつ高度な専門知識を自主的な学修で獲得する能力
  2. 自らの思考、手法、結果およびそれらの妥当性を、専門を同じくする者だけでなく、専門が異なる他者にも平易かつ論理的に説明する能力
  3. 国内外の社会や時代、地域の複雑な問題を俯瞰的に分析し、倫理観をもって自主的に解決に取り組むための応用能力