システム工学研究科トップページ

コミュニケーション科学

 
快適で安全な次世代社会の
コミュニケーション

本クラスタは、人を中心として、人と人、人と機械、人と自然等の様々なコミュニケーションを研究対象とし、多様な対話を円滑にすることにより人と自然に優しいシステムをつくるための新しい技術や方法論を創造することで社会に貢献することを目的としています。これを実現するための幅広い領域について基盤技術から応用分野までを取り扱います。

研究分野

コミュニケーション支援

宗森 純、伊藤 淳子、吉野 孝
コミュニケーション支援

初対面時やグループワーク時、食事時における会話を支援する手法について研究しています。テーブルや皿への電子的な飾りつけ、会話のきっかけを作る動的コンテンツの提示によって、視覚的、インタラクティブに対面コミュニケーションを支援します。

無線ネットワーク

吉廣 卓哉
無線アドホックネットワーク

無線通信できる複数の端末が集まってネットワークを構成し、効率的に通信する方法を研究しています。離れた端末であっても、途中の端末が中継することでデータを届けることができます。

ビッグデータ

吉野 孝
ビッグデータ

Web上から収集した観光地に関する感想を地図上に可視化する、観光情報可視化システムの開発を行っています。特に、SNSにおいては、観光地名を含むものだけではなく、位置情報や特徴語、時間等を用いて、観光地名を含まないものからも感想の収集を行います。これより、Web上からより多くの観光地に関する感想を抽出することを目指しています。

情報理論

葛岡 成晃
データベースシステム

情報通信の数学的な基礎理論を学び、様々な情報通信問題(動画像のネットワーク配信、センサネットワークにおける通信問題など)について、問題を数理的にモデル化し、その限界や、限界を達成するための具体的なアルゴリズム・符号化法を研究しています。

ソフトウェアエコシステム

伊原 彰紀
ソフトウェアエコシステム

Web上に膨大に公開されているソフトウェアをユーザや開発者が目的に応じて再利用・改良し、新たなソフトウェアを実装、公開する生態系(ソフトウェアエコシステム)を効果的に循環させるための研究をしています。ソフトウェアエコシステムにおいて再利用性の高い、高品質なソフトウェアが流通するために、再利用ソフトウェアの推薦、ソフトウェア協調開発支援ツール、プログラム添削技術の研究に取り組み、今後は、ソフトウェア に限らないデータのエコシステムの研究にも挑戦します。

防災・減災支援

吉野 孝
防災・減災支援

「逃げ地図」とは、直感的に危険な場所と逃げる方向を理解することができるリスクコミュニケーション手法の一つで、目標避難地点までの時間を色鉛筆で塗り分ける手作りの地図です。「逃げ地図」作成のイベントが行われていますが、作業コストの大きさや情報の信頼性確保、現場知の共有が課題です。 そこで本研究では、デジタル上の逃げ地図作成を目的としたシステムの開発を行っています。

環境動態解析

江種 伸之、田内 裕人
環境動態解析

現地調査や観測などを通して集めた環境に関する様々な情報を、数値解析手法や統計学的手法などを用いて解析することにより、環境問題や自然災害の原因究明,および解決策の検討を行っています。

景観生態学

原 祐二
景観生態学

景観生態学では、人間も生態系の一員としてとらえ、地形、植生、土地利用などの自然・社会環境の現地調査結果と、衛星画像、空中写真、数値地理情報などの空間情報を、地理情報システムを用いて有機的に連関させ、持続可能な土地利用計画を研究しています。

都市農村計画

原 祐二
農村都市計画(原 祐二)

アジア地域では歴史的にみても、都市に農地、特に水田が混在することで、都市住民は様々な効用を享受してきました。多くの地域で、集落と後背農地の間には、生物資源の循環を通じた相互依存の関係がありました。拡大するアジア都市圏でも、縮退する日本の都市圏でも、宅地と水田・畑地・空地が混在する郊外が人々の主要な生活圏です。既存の線引都市計画をこえて、都市と農地の混在の効用を最大化し、生じる環境問題を最小化するような、都市農村融合戦略を検討していきます。

自然保護・再生

中島 敦司
自然保護・再生

日本や海外の自然地に実際に行き、その場所の生態環境の調査と評価を行い、自然保護に関する理論と技術を研究しています。並行して、破壊された自然を、再び蘇らせる自然再生についても研究しています。

地域文化論

養父 志乃夫、中島 敦司
地域文化論

日本や海外の自然地に実際に行き、その場所の生態環境の調査と評価を行い、自然保護に関する理論と技術を研究しています。並行して、破壊された自然を、再び蘇らせる自然再生についても研究しています。

担当教員

氏名役職キーワード
江種 伸之
(エグサ ノブユキ)
教授 土壌地下水汚染、地盤災害、流域水問題、リスクマネジメント、環境動態解析、地理情報システム(GIS)
中島 敦司
(ナカシマ アツシ)
教授 地球温暖化、森林、植物、生物、近自然学、自然保護・再生、ビオトープ、環境教育、妖怪
宗森 純
(ムネモリ ジュン)
教授 グループウェア、 携帯情報端末、 発想支援、五感情報通信、絵文字
養父 志乃夫
(ヤブ シノブ)
教授 生態系、環境修復、みどり、持続循環型社会、アジアの里山・里海、暮らしと環境
吉野 孝
(ヨシノ タカシ)
教授 グループウェア、ヒューマンコンピュータインタラクション、コミュニケーション支援、多言語・異文化コラボレーション支援、医療情報共有支援、防災・減災支援システム
葛岡 成晃
(クズオカ シゲアキ)
准教授 情報理論、シャノン理論、多端子情報理論
原 祐二
(ハラ ユウジ)
准教授 緑地環境計画、都市農村計画、循環型社会
吉廣 卓哉
(ヨシヒロ タクヤ)
准教授 情報ネットワーク、無線アドホックネットワーク、グラフアルゴリズム、データベースシステム、医療情報、バイオインフォマティクス
伊原 彰紀
(イハラ アキノリ)
講師 ソフトウェア工学、ソフトウェア品質評価、プログラム解析、プロジェクト管理、オープンソース、データマイニング
伊藤 淳子
(イトウ ジュンコ)
助教 擬人化エージェント、ノンバーバル表現、対話、雰囲気
田内 裕人
(タノウチ ヒロト)
助教 地理情報システム(GIS)、流域水環境、都市洪水、豪雨災害、土砂災害、地盤災害、災害廃棄物