システム工学研究科トップページ

カリキュラム

博士前期課程

和歌山大学大学院のディプロマ・ポリシーに基づき、システム工学研究科では、以下の能力を修得し、研究科の定める審査を経た者に対して学生に修士(工学)の学位を授与する。

  1. 広範かつ高度な専門知識を自主的な学修で獲得する能力
  2. 自らの思考、手法、結果およびそれらの妥当性を、専門を同じくする者だけでなく、専門が異なる他者にも平易かつ論理的に説明する能力
  3. 国内外の社会や時代、地域の複雑な問題を俯瞰的に分析し、倫理観をもって自主的に解決に取り組むための応用能力

システム工学研究科博士前期課程のコア・カリキュラムについては以下をご覧ください。

システム工学研究科は、和歌山大学大学院のカリキュラム・ポリシーを踏まえ、ディプロマ・ポリシーに定めた必要な能力を修得させ、工学の多様な分野でこれまでに生み出されてきた技術を発展させるとともに、それらを融合した新しい領域の工学の展開を図ることができる人材を育成するために、以下の科目により構成されるカリキュラムを編成する。

学修の成果は、次のように評価する。

  1. 専門科目は、シラバスに記載された到達目標等に応じ、科目の態様に従って、試験、レポート、作品、発表などにより評価する。
  2. システム工学特論は、科目の態様に従って、レポート、作品、発表、討論などにより評価する。
  3. システム工学研究は、履修手引に記載された審査基準に従って、修士論文、研究発表、口頭試問などにより評価する。
  4. 学部専門科目は、学部のカリキュラムポリシーに基づいて評価する。

 

  1. 専門科目
    システム工学の各専門領域および複合領域について、高度な専門的知識や技能の学修のために設置する。自らの主たる専門分野にとらわれずに分野横断的に学修するように履修することを求める。
  2. システム工学特論
    専門的知識に裏付けられた思考や手法、結果、およびそれらの妥当性を専門内外の他者に平易かつ論理的に説明および議論を行う能力を培うために設置する。
  3. システム工学研究
    身につけた専門知識・技能を展開して、国内外の社会や時代、地域の俯瞰的な問題分析と、倫理観をもった自主的な問題解決にあたる能力を培うために設置する。
  4. 学部科目
    複合領域であるシステム工学を展開するにあたり、学部において培った専門性と異なる専門領域の基礎を学修させるために、システム工学部開講の専門科目の履修を認める。

博士後期課程

特徴1出前指導

和歌山大学から遠く離れた場所に居住する学生のために、“出前指導”と称して、教員が学生の仕事場や居住地近くまで出向いて研究指導をすることも日常的に行われています。また、必要があれば、週末や夕方以降においても研究指導を受けることができます。さらに、メールやWebを使った指導も日常的に行われております。

特徴2英語論文作成指導

指導教員から英語論文の書き方、プレゼンテーション指導も受けられます。システム工学研究科が委託している、それを専門とする外部講師により、本格的な英文添削指導を受けることも可能です。

特徴3技術経営(MOT)に関する授業

技術経営に関連する知識の修得、戦略性の育成及びケーススタディーを通した実践的な技術経営能力の養成を図る講義が開講されています。博士後期課程の学生も、受講し単に認定をうけることができます(ただし、修了要件にはカウントされません)。

特徴4複数指導教員体制

システム工学研究科は複数の教員から指導を受けることも奨励しています。学生はクラスタという研究グループに所属しており、指導教員からだけでなく、そこに所属するいろんな分野の専門をもつ教員からも指導を受けることができます。

特徴5長期インターンシップ

学生が幅広い職業選択を可能とする能力を身に付けられるよう、修得した専門知識や研究遂行能力を活用する有力な場である企業や国公立の研究所で数カ月程度研修を積んでもらい、社会性やビジネス思考、マネジメント思考を獲得してもらうための制度(長期インターンシップ制度)を設ける予定です。

和歌山大学のディプロマ・ポリシーに基づき、システム工学研究科では、以下の能力を修得し、博士論文の審査及び試験に合格した学生に博士(工学)の学位を授与する。

  1. 問題解決のために必要な知識を自主的に学習し高い水準で獲得する能力
  2. 社会や時代の複雑な問題を自ら発見し、主体的、先導的に解決に取り組むための専門能力、および高度かつ広範な専門知識の応用能力
  3. 自らの思考に基づいて得た問題、解決手法および結論を、専門的な批判に耐える水準で社会に公表する能力

システム工学研究科博士後期課程のコア・カリキュラムについては以下をご覧ください。

システム工学研究科は、ディプロマ・ポリシーに定めた必要な能力を修得させ、工学の多様な分野でこれまでに生み出されてきた技術を発展させるとともに、それらを融合した新しい領域の工学を開拓し指導的に展開できる人材を育成するために、和歌山大学カリキュラム・ポリシーに基づき、以下の科目により構成されるカリキュラムを編成する。

学修の成果は、次のように評価する。

  1. システム工学特別講究は、レポート、作品、発表、討論、口頭試問などにより評価する。
  2. システム工学研究は、研究業績、研究発表、討論、口頭試問などにより評価する。また、博士論文は、履修手引に記載 された審査基準に従って評価する。

 

  1. システム工学特別講究
    専門分野に応じて、国内外の研究開発事例を調査し、自主的に先進的専門知識を獲得して研究に活かす能力を養うために設置する。
  2. システム工学特別研究
    専門分野に応じて、新規性・有用性に優れた研究・開発課題を探索し、妥当な課題解決法を見出し、主体的、先導的に研究・開発を推進する能力、および、課題、手法、結果について専門的な批判に耐える水準で社会に公表する能力を培うために設置する。

博士後期課程は、システムエンジニアリングコースとグローバルエンジンニアリングコースの二つのコースから構成されています。学生はどちらかのコースに所属し、研究指導を受けることになります。

最新の要素技術を教育研究するとともに、異なる領域間の有効な相互作用を発見・誘導し、新たな技術領域を開拓する能力を身につけ、高度かつ広汎な知識と技能をもって社会に貢献する人材を育成するためのコースです。研究の実施とその結果の公表を基本とする研究活動により学位取得を目指します。

最新の要素技術を教育研究するとともに、グローバルな視点から新たな技術領域を開拓する能力を身につけ、高度かつ広汎な知識と技能をもってグローバルに活躍する人材を育成するためのコースです。基本となる研究の実施とその結果の公表に加えて、1ヶ月以上の海外インターンシップの計画、調整、実施および報告を行い、グローバルに活躍する人材として学位取得を目指します。