知的モデリング

知的モデリング
人も自然もモデル化する/
あらゆる現象をモデル化する

本クラスタでは、実世界の対象や現象を数理工学的にモデル化し、システム設計・解析やコンピュータ・シミュレーションを通じて、問題解決を行うための理論と技術について教育・研究を行います。

具体的には、システム工学のさまざまな領域における、数理モデリング、形状モデリング、社会モデリング、環境モデリングなどのモデリング手法を学び、実問題を解決するためのモデルの構築と妥当性の評価について幅広い議論を行います。

研究分野

環境モデリング

金子 泰純、吉田 登、山本 秀一、山本 祐吾
環境モデリング

資源循環、低炭素社会、持続可能な交通など様々な環境課題に対して、数理計画法や統計解析など環境モデリングに関する手法を用いて解決をめざす研究を行います。

地球化学・環境化学

井伊 博行、谷口 正伸
地球化学・環境化学

地球環境の問題を、過去の地球環境の変化や物質の移動・循環の観点から研究します。

地球誕生時の環境、生物による大気と海水の化学組成の進化、炭素と窒素の循環などを通して、将来の地球環境について考えます。

オーストラリアなどの乾燥地帯から北海道釧路湿原などの冷温湿潤地帯、都市域や農地の窒素循環、地球環境から地域の水環境までの物質移動まで幅広い研究を行っています。

視覚メディア

今井 敏行、陳 謙、床井 浩平
視覚メディア

画像や図形など、人間の視覚に関わる知的システムへの情報の入力と人間への提示、そしてそれらの構造の取り扱いに関する研究を行っています。コンピュータグラフィックスや画像処理、これらを総合した拡張現実感 (AR) 技術に関する広い範囲を扱っており、視覚に直接的に関係する計算幾何学やその技術的基盤となる数理モデルの構築と解析や最適化から取り組んでいます。
また、近年注目されているプロジェクションマッピングや、デジタルファブリケーション (3D プリンタの応用)、プロジェクタカメラ系などの応用研究にも取り組んでいます。

担当教員

氏名役職キーワード
井伊 博行
(イイ ヒロユキ)
教授 環境学、環境解析学、環境動態解析、環境影響評価、環境モデリング
今井 敏行
(イマイ トシユキ)
教授 数理工学、 アルゴリズム論、 計算幾何学
金子 泰純
(カネコ ヒロズミ)
教授 環境共生都市、水循環、物質代謝
吉田 登
(ヨシダ ノボル)
教授 産業メタボリズム、持続可能な生産と消費、産業転換
陳 謙
(チン ケン)
准教授 画像情報処理、コンピュータビジョン、パターン認識、3次元情報の獲得
床井 浩平
(トコイ コウヘイ)
准教授 コンピュータグラフィックス、リアルタイムレンダリング、ビジュアルエフェクト(VFX)、バーチャルリアリティ(VR)
山本 秀一
(ヤマモト シュウイチ)
准教授 自転車、コンピュータ・シミュレーション
山本 祐吾
(ヤマモト ユウゴ)
准教授 資源循環、低炭素社会、都市代謝インフラ、エネルギー・物質フロー分析、ライフスタイル転換
谷口 正伸
(タニグチ マサノブ)
助教 水環境、環境同位体、水質工学、自然環境、流れ