訪問者別リンク

入試情報

システム工学部 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

1.求める学生像

システム工学部において入学者に求める知識・技能、能力、態度は次のとおりである。

(1)知識・技能

・これまでの学びを通して大学入学後の複数の科学・技術領域を見通し、複合的に工学系分野の専門を学ぶための基礎となる学力・技能、特に理数系における確かな知識を有する人

(2)思考力・判断力・表現力

・課題を解決するための思考力・判断力を有する人

・意見や考えを他者や社会に分かりやすく伝えるための表現力を有する人

(3)主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度

・他者を尊重し、その意見を受け入れる柔軟性、協調性を有する人

・何事にも好奇心・探求心を持ち、創造力を身につけようとする真摯な態度を有する人

 

【入学後の期待】

入学後には、自ら学び考える力をもち、次の観点から、学術・産業研究を含む広範な工学系分野で活躍する自律的な技術者を目指すことを求める。

  1. 自分自身の思い描くキャリアパスを客観的に考え、それに応じた2つのメジャーを選択すること
  2. メジャーが提供する専門知識・技能を主体的に修得し、時代や社会が求める実践的な力を身につけること
  3. 異なる知識や技能を、断片的にではなく体系化して身につけ、課題を解決する能力へと高めること
  4. 課題解決に向けて、他者と協働して取り組む能力や意見や考えを論理的に伝えるコミュニケーション能力を身につけること

     

    2.入学者選抜の基本方針

  1. 一般選抜(前期日程)では、高等学校等で学んだ各教科の基本的な知識を大学入学共通テストにより、数学的思考力と英語の理解力を個別学力検査等により評価し、入学者を選抜する。
  2. 一般選抜(後期日程)では、高等学校等で学んだ各教科の基本的な知識を大学入学共通テストにより、システム工学を学ぶにふさわしい能力・適性を個別学力検査等により評価し、入学者を選抜する。
  3. 学校推薦型選抜では、明確な目的意識をもって入学を希望し、かつ、出身学校長より推薦を受けた者のうち、高等学校等で学んだ各教科の基本的な知識を大学入学共通テストにより、目的意識や学修意欲などを面接及び出願書類により総合的に評価し、入学者を選抜する。
  4. 私費外国人留学生選抜では、日本に留学するためになされた学びの成果を日本留学試験、出願書類、面接により評価する。あわせて、入学後の学修に必要な理解力、論理的思考力、日本語運用能力を面接により評価し、入学者を選抜する。
  5. 第3年次推薦編入学選抜では、高等専門学校等での学修により身につけた工学系学部に関する基礎学力や専門に対する適性を面接と出願書類により評価する。あわせて、目的意識や学修意欲などを面接により評価し、入学者を選抜する。
  6. 第3年次一般編入学選抜では、高等専門学校等での学修により身につけた工学系学部に関する専門知識などを学力検査により評価する。あわせて、高等専門学校等での学修により身につけた工学系学部に関する専門知識・技能や目的意識、学修意欲などを面接により評価し、入学者を選抜する。

アドミッション・ポリシー

      
  •   
  •   
  •   
      

このページの先頭へ