ご支援のお願い

 これまで「障害をもった方々が日常生活で感じているバリアをどう減らしていくか」ということを考え,高機能車いす「RT-Mover PTypeシリーズ(1〜3号機)」を開発してきました.狭い場所でも簡単に方向転換ができ,また横方向への移動ができます.さらに20cm程度の段差も難なく越えられます.
 この研究成果をもとに新たな高機能車いす(RT-Mover PType WA)を開発し,サイバスロンに参加します.「研究室での研究」の殻をやぶり実用化の可能性を見据えた世界の舞台で,この高機能車いすの実力を試します.人に役立つ研究への実際の道を開きたいと考えています.大会での目標はメダル獲得です.
 現在,開発状況は第4コーナーを回ったところで日夜研究開発を進めています.ぎりぎりのスケジュールですが精神は研ぎ澄まされた状況です.ただ,出場のための安全対策,信頼性向上対策など最終仕上げフェーズの資金と運搬費用含めた出場関連費用での資金不足を予想しており,資金的協力がまだまだ必要です.
 ぜひサイバスロンを通じて福祉技術の発展に貢献したいという趣旨に賛同していただける方からのご連絡をお待ちしています.

 ご寄付の方法:和歌山大学基金を通じてご寄付をお願いします.ご寄付の際には「サイバスロンプロジェクト」と明記してください.また,あわせて(お問い合わせ先)に連絡をいただけますと幸いです.

ご支援いただいた皆様

たくさんの方々から暖かいご支援をいただきました.大変ありがとうございました.

top